スイートレモン

ドロドロの人間模様を描いたお目汚しのエントリーが続いてしまった。
下世話な吐露ブログになり下がって欲しくないので、今日はのんびり庭の風景でもご紹介したい。

そうそう、のんびりと...


庭で作業するオスカー

今年はスイートレモンが豊作すぎて枝がしな垂れ、果実が土に着いているほどだ。
土に着くと腐ってしまうのでバケツやプラ鉢を伏せて、それに載せている。

まだ着いてるよ、おじさん


スイートレモンは2012年に蜂蜜おじさんにもらった木を植え、
2013年にようやく1個実がついた。
去年は確かまずまずの数がなったけれど、なぜかパサパサして甘みもいまいちだった。
そして今年。
大きなスイートレモンが沢山実った。

誇らしげなオスカー

タンジェリンは去年より実の数こそ少な目だが、甘くてジューシー。
そこらへんで売っている物よりずっと美味しい。
通るたびにプチっともぎ取って食べているので、手が届く高さには実がなくなってきた。


種類の違う柑橘系の木が沢山植えてあるので、このタンジェリンがなくなってしまっても次が熟してくるのだからありがたい。


まだ青いタンジェリン


一番人気のチャイニーズ・ハニー・タンジェリン


長男がこの春植えたばかりの木も、数個づつ実をつけた。
大きくなるのが楽しみだ。

さて、スイートレモン。
普通のレモンと並べてみる。

左がスイートレモン、右が普通レモン

レモンが楕円なのに比べ、スイートレモンは丸っこい。

切ってみるとこんな感じ

きっと写真を見た途端、酸っぱいレモンの味が想像されてしまい、
口中に唾液が出てくる人もいるかもしれない。
だけどスイートレモンはとても甘くて香り高い。
いつか機会があったらぜひぜひ食べて頂きたい物の一つだ。

こうして日々、木の成長を楽しみ、実りの恩恵を食べて暮らしている。
なんて贅沢なことか!
年々オスカーの有り難味も増すというものだ。

初夏の庭

今年の春は雨が多いフロリダである。
「恵みの雨」とはよく言ったもので、
植物を植える度に雨が降ってくれる今シーズンは、本当に助かっている。


3月初めに、旦那がまたタンジェリンとリンゴの木を買ってきた。
2度に渡ってトラックの荷台に乗せて運んできたのは、約20本。
そしていつもの様になかなか植えず・・・。

毎日ゲームばかりしている息子たちに
「もっと外に出ろ!そうだ、木を全部植えろ!」と旦那から指令が飛んで、
とある土曜日の午後、長男は5本のリンゴと7本のタンジェリンの木を、
たった一人で植えてしまった。
IMG_0445.jpg
IMG_0446.jpg
IMG_0447.jpg
これには脱帽。
まだまだ10歳の子供と思っていた長男は、
日頃のトレーニングの賜物か、私よりもタフに成長していた。
恐るべし!

これに奮起されて、旦那がまだ寒いうちに買ってきておいた
ハラペーニョとトマトを大きな鉢に植え替える私。
(長男の偉業に比べたら何のことはないが、自己満足。
母、情けなし。)

それから数日後、今度は車を買いに来たお客さんから
スイカの苗をもらう旦那。
予想通り、翌日になっても車屋の外に放置してあり、
旦那は一向に植える素振りを見せない。
小さな苗達は水が切れてショボンとうなだれている。

仕方がないので子どもたちを誘い、私が苗を全部大きめのポットに植えた。
地面に植えたら絶対にニワトリたちにガリガリ引っ掻かれて
すぐにだめになってしまうので、
朽ちた葉がたっぷり載った庭の土に鶏糞を混ぜ、
そこにスイカの苗を2つづつ植えていった。
だいぶ萎びたものもあったので、半分くらい生き延びれば上等。
IMG_0309.jpg
約1か月後の写真。
スイカは予想以上に勢いよく育ち、黄色い花があちこちに咲いている。

こうなってくると期待は高まる。
今年はどうやら遠出の日本・イラン帰省はなさそうなので、
庭に色々なものを植えて収穫したいねー、と
旦那と話していると、ふと、
台所の引き出しにしまってあった、何年前かの種を思い出す。
花の種や、葉物の野菜の種である。
おそらく蒔くには時期が遅いだろうが、
引き出しの中でもう一年、古くなっていくよりはいくつかでも
花を咲かせてくれたらいい、と思い、
日曜日の午後に気合を入れて、それらの種をすべて蒔いた。

スイカ同様ポットに蒔いて、一か所にまとめる。
そして去年裏庭に作ったニワトリ対策の金網を再利用して、
柵を作った。
これはスイカやキュウリの蔓がつかまって成長してくれるように、
支えの役目も兼ねている。
IMG_0403.jpg
柵の完成
IMG_0402.jpg
反対側からだと、ポットが沢山見える
IMG_0406.jpg
スイカのジャングル
IMG_0385.jpg
おまけのパッションフルーツ
去年は全くなかった影も形もなかった、このパッションフルーツ。
確か数年前に植えた記憶が・・・というくらいの印象。
玄関前のポーチにニワトリが集まって、示し合わせたように脱糞するので、
それを洗い流した栄養たっぷりの糞水が、このパッションフルーツの
爆発的な成長につながったのだろう。
鶏糞パワー炸裂!


「オーガニックなんてなまっちょろい方法じゃあ、
世界の人間を食わすことはできないんだ!」と
普段からオーガニックをこき下ろすわが伴侶に物申したい。

いやいや、あんたの庭は完全オーガニックなのであるよ、旦那様。

冬の庭

ずっと庭の様子をブログに記録していなかった事に気付いた。
2011年の冬に書いたこの記事の写真を見ると、
ずいぶん庭が様変わりしたなぁ、と思う。
IMG_0875.jpg
何より木の大きさが全然違う。

IMG_0874.jpg
今年は柑橘類の当たり年らしく、このタンジェリンの木や、
オレンジ、チャイニーズ・ハニー・タンジェリンも鈴なりになっている。

IMG_0867.jpg
木の成長は、何よりこの鳥たちが日々落としている
肥料によるもの。
鶏様様、フン様様である。
レモンも大きくてジューシーな物がたわわに実った。


そしてそして、大きな声では言えないのだが、
またまた我が家は新参者を迎えた。
デッキを我が物顔で歩き回るのは孔雀である。

話は数か月前に遡る。

「よく行くメカニックの裏に、孔雀がいるんだ!
何度か通ったけど、ずっとそこにいる。
どこかから逃げて来たに違いない!」

また始まったか、鳥フェチ男。
そう白けた思いで聞いていた私だが、
連夜、どこかに出かけて行く旦那を訝しんでいると、
「おい!(長男の名前)!網はなかったか?」
などと訊いていて、ますます怪しい。
そうして夜な夜な抜け出して行くこと3日。

我が家の庭に、青い孔雀が現れた。
「もう動物は増やさないって、皆で決めたのに!!」
と猛批判をしたが、拾ったものはしょうがないだろう、と
素知らぬ顔をしている旦那。
ゲテモノを飼いたい、と言うリクエストを、ことごとく却下されている長男も不満げだ。

我が家の庭にはメンドリがすでに沢山いるし、
七面鳥も、今年生まれた2羽を足すと6羽になってしまった。
オスの七面鳥2羽はギャング的な存在で、普段から皆をいびり倒しているが、
派手なブルーの孔雀にジェラシーを燃やしたに違いない。
我が家の庭が、よほど居心地悪かったのか、
孔雀くんは2度、3度と逃走を繰り返した。
その度に我が旦那は、文字通り孔雀の尻を追いかけて、
うちの前の道を行ったり来たり、走り回った。
3度目などは長男まで駆り出して、挟み撃ちだ!そっちへ回れ!と
大騒ぎした挙句、4車線道路の反対側まで、命がけで追いかけて行って捕まえて来た。
この孔雀、こうやって色々な動物に追いかけられたせいか、
はたまた生え変わりなのか、孔雀のシンボルであるはずの、
長い尾っぽが全くなかった。
(3夜の捕獲作戦で、我が旦那に引き抜かれた可能性も否めない。)

その後、もうあの鳥フェチ男からは逃げられない、と悟ったのか、
七面鳥のギャングチームと折り合いをつけたのか、
孔雀は逃亡を諦めた。
我が旦那は「メスがいれば絶対に逃げない」と、またまた独自の持論を展開。
数週間後、田舎に住む知り合いの伝手で、メス孔雀を買ってしまった。
メスも逃亡を数回繰り返したが、オスよりはスンナリと
我が家の庭に住み着いてくれた。
IMG_0945.jpg
今ではこの通り。
時々近くに寄り添うようにして日向ぼっこしている。
オスの羽も順調に伸びて来て、反対していた私も
今では密かに、それを見事に広げてくれる日を心待ちにしている。

レモンの花

今年の冬は暖冬だ。
庭の花もどんどん咲いている。
今年はレモンの木に沢山花がついた。
lemon tree
レモンの実は見慣れているけれど、
レモンの花をパッと思い描けるだろうか?

lemon
レモンの花は外側が薄い紫

lemon blooming
白い花が開くと、とてもいい香りがする

ミツバチが飛んでいるのも数回見かけたので、
今年はレモンが豊作かもしれない。
・・・と書いたのだが、数日前に朝晩ぐっと冷え込み、
気温が0℃を下回ってしまった。
このレモンの木の花も葉っぱも、寒さでやられてしまったので
どのくらい実がなるものか、怪しくなってしまった。


こちらはスイートレモン。
sweet lemon
去年、蜂蜜おじさんから1メートルに満たない木を
3本ほど買って植えたのだが、たった1つだけ実がついた。

スイートレモンは日本やアメリカでは馴染みの薄い果物だと思うが、
イランでは名産品である。
冬にイランに行った時、沢山食べさせてもらった。
上品な甘みで、独特の香りがして、ヤミツキになった。

これはイラン人がとても郷愁を感じる果物らしく、
季節になると「あ~、食べたいねぇ」と話が盛り上がるネタの一つ。
うちの旦那も木が育つのをとても楽しみにしている。

きっと日本に暮らすイラン人にも、
スイートレモンをこよなく愛し、こっそりと植えている人がいるはず。

(おまけ:昨年イランに移住した日本人のKumikoさんが綴る、
ブログ『砂漠人』にて、スイートレモンの写真・記事あります。)

エンジェルズ・トランペット

ガーデニング熱」を発症した8月下旬に、
デッキ前に植えた植物は順調に育っている。

ある日、水をやりながら突然気付いた。
trumpet bud
つぼみがこんなに沢山!

これは「エンジェルズ・トランペット」という花。
子ども達の学校への通学路に植えてあって、
過去2年ほど、その見事な咲きっぷりに
「うちの庭にも植えたいなぁ」と、
私が密かに慕情を深めていった花である。

毎週開かれる、地元のファーマーズ・マーケットで
この木を並べている出店を見つけた。
ピンクと白の2種類を買ったら、
おばさんが11ドルの大きい木を、
小さい木の値段、1本9ドルにまけてくれた。

だいぶ立派な大きさではあったけれど、
葉っぱに沢山、虫食いの穴があるのに加え、
植えてあるポットが、上の木の大きさに、
どう見てもそぐわないほど小さかったので、
「おうおう。さぞや、窮屈だろう・・・」と言いながら、
庭に植えて1ヶ月あまり。
オクラに似たつぼみが沢山ついたのだった。
それが段々大きくなり、バナナくらいの長さになったと思ったら
trumpet 2
ありゃりゃ!
ある日突然、バナナの先っぽから花がとび出していた!
なんと楽しい花であろうか。

そして数日後には
trumpet3
花が淡いピンクに。

『エンジェルズ・トランペット』とは、これまたいい名前をつけたものだ。

土を掘るのに必死になりすぎて、
どっちがピンクでどっちが白の木か、
分からなくなってしまっていたのだけれど、
そうか、こっちがピンクの木だったのか。

ちなみに白い花が咲くはずの木は
trumpet5
まったくつぼみもつかず。
ハナミズキの大きな木の下になっていて、
ピンクの木に比べると、日陰なのがいけないのかもしれない。
やはり花は太陽を燦々と浴びなければ咲かないのか・・・。

trumpet4
いやぁ、それにしてもうれしい。
と、何枚も写真を撮り続けていると・・・
trumpet&takio
なんか・・・ポーズ決めてくるヤツが。
あなたを撮りたいんじゃ、ないんですけどね。