5月のカード作り

先月に引き続き、またナンシーのお家にお邪魔して
スタンプを使ったカード作りをさせてもらった。

前回はナンシーが前もってスタンプを押し、
全てのパーツを切り揃えて準備しておいてくれたのに対して、
今回は「フリースタイル」とでも言おうか?
ある程度、色の合った紙を数種類グループにして、
それをどう使っていくかは私任せにしてくれた。
スタンプの種類もさることながら、
リボンやその他の道具を駆使すれば千差万別のデザインが作れ、
想像以上にやり甲斐と達成感がある。

カタログやネットからの写真などから、デザインのヒントになる物を探して、
紙の色や質感の組み合わせを確かめつつ、
スタンプを押す場所、または切り取ったピースを貼る場所を吟味。
悩んでいるとナンシーが
「このリボンはどうかしら?色がぴったりよ!」
と、紙にお似合いのリボンを出してきてくれるので、
全体のバランスをまた考え直し・・・
とやっていると、あっという間に時間が過ぎていく。

完成した作品は4つ。
4 cards front
開くとこんな感じ。
4 cards

お誕生日だけでなく、感謝の気持ちや「ハロー」の挨拶カードなど、
色々なメッセージを込めて贈ることができるカード。
お店にはそれこそ沢山の既製品が売っているけれど、
こんなオリジナルもいいのじゃないかな?と思う。

やればやれほどハマってしまいそう。
ナンシーの紙や道具を毎回使わせてもらって申し訳ない気がするが、
「一緒にやってくれる人がいるといいわ!」と、笑顔で言ってくれる。
次回は何か、ランチでも持って行こうっと。

スタンプでカード作り

このところ私の代わりに働いてくれるステイシーが、
きちんと金・土曜日に来てくれている。
(何かと理由をつけては休みたがるので、
そんな時は私が週6勤務になってしまうこともしばしば。)

金曜日は子供たちが学校に行っているので、
掃除やその他、働いてる間に溜まった雑務をこなすのだが、
時々自分の好きな事をして息抜きをしている。

今日はナンシーの家に行ってカード作りをしてきた。
ナンシーはスタンプや関連器具、様々な紙など、
実に膨大な数のコレクションを所有しているらしい。
今回2回目のレッスンなのだが、前回も今回も
親切で段取り上手の彼女がすべてのパーツを準備、
組み立てるだけにしておいてくれた。

厚めの紙を切ってカードの本体にし、
そこに模様が質の違う紙を張り付けたり、
スタンプを押して色を付けるもの、
エンボス加工をするもの、
色々なテクニックを教えてくれる。
次男のお迎えに遅刻するほど夢中になって
没頭してしまったカードをご紹介してみたいと思う。
card flowers
お花の形や中央の丸など、すべてナンシーが切っておいてくれ、
リボンやスタンプしてある言葉のパーツなどを
どの場所に貼るか、などを考えて組み立てる。

card spring
お花のスタンプを色鉛筆で塗り、
特殊なペンでなぞると水彩画の様になる。
ウサギがとっても春らしい。

card kanji
花柄の和菓子の包装紙を取っておいて、
上からスタンプを施したナンシーのセンスあふれるセンターピース。
彼女は幅広のリボンを片側に貼っていたが、
私はこの模様が隠れてほしくなくて、角に配置してみた。
よく見ると「日」と「出」が入っている個性的なリボン。
card kanji2
内側はこんな感じ。
金色のエンボス加工スタンプはナンシーがしておいてくれた。

card thanks
豪華なレース編みのスタンプに、パールを貼ったもの。
内側はこんな感じ↓
card thanks2
ナンシーはこのバラ2つをカードの表の
レース・スタンプの上に貼っていた。

card elephant
花模様の紙にゾウのスタンプを縁だけ押して、
背中の部分をエンボス加工に。
さらにストーンを目や背中に貼ってエスニック風に。
これまたナンシーのアイデアが光る。

card chicken
ナンシーが最近買ったばかりのニワトリ・スタンプ。
我が家に沢山いる奴らに似ているような?
card chicken2
内側はこんな風に仕上げてみた。
「これはオスカーにぴったり!」と、ナンシーのお墨付き。
カードに凹凸を付ける型と、それをプレスする機械があり、
それを使って背景が草原ぽくなっている。
ほんと、いろんなものがあるなぁ・・・と感心。

card frog
こちらも凹凸のある型にインクをつけてプレスした紙。
花吹雪の様な名前がついていたけれど、
私は色といい、カエルといい、柳や梅雨を連想してしまった。
card frog2
内側には2枚目のウサギカードに使ったお花の上部を
池の形に切ってもらい(プレス機で切れる)、スイレン風に。
あえて色は塗らずにシンプルが良いかと思った。
カエルは立体的にできるシールで貼り付け。
数字のスタンプは丸を付けるか、色を塗ることで、
何歳の誕生日にも贈る事ができる、粋なスタンプ。

色々なお喋りをしながら作業をし、
ランチまでご馳走になって大満足な日だった。
「もっと定期的にやりましょうね!」
とまで言ってくれるナンシーに大感謝。
こんなひと時が、また次へのエネルギーをくれる。

プロジェクト 『クーポン部』

仕事が忙しくなって来た。
体調コントロールと日々の生活、
そしてメンタル面をいかにバランス良く管理していくか、
実力が試される時である。

身を粉にして働いてる・・・
と言いたいところだが。

心がささくれ立つ。
体力がない。
子どもが風邪をひき、わたしも風邪をひく。

ともすると現実逃避。

新しいクーポン部のサイトなぞ作ってしまった。

これもプロジェクトと呼んで正当化。

プロジェクト 『円座』

Merry Christmas!!

フロリダ=常夏 と思われがちだが、
冬場は朝晩0度になる事もある、フロリダ北部に住むフロリダ娘。
今年の冬は久々に『かぎ針熱』を発症してしまった。

お友達のひろこさんがFacabookにリンクを載せていた、
ハマナカさんのウェブサイトにある円座を一目見て一気に盛り上がってしまったのだ。
なにせかぎ針は久しぶりなので、色々な事を忘れてしまっていたが、
やっているうちに段々と調子を取り戻して、
ここ2ヶ月ほどで出来た作品たち。

20141225235128e1f.jpg
最初に作った角座『お花畑』
四角のモチーフをつなぎ合わせるので、
少しづつ作り貯める事ができ、オフィスで、家で、と
場所を選ばず作業に勤しんだ。

20141225235129dce.jpg
円座 『ポインセチア』
編み図がよく分からない部分に、自分アレンジの入った円座。
同じ模様を2枚作って重ねるので裏表どちらも楽しめる。
写真は白い面だが、裏は赤(写真を撮り忘れた)。
厚みがあり、しっかりしていてよし。

20141225235126755.jpg
円座『菊』
「作りたい!」と思ったのが、この円座を見たからだったが、
ブレード編みという長〜い編み方の編み図解読が
初心者の私には難しく、何でも上手な器用者のKさんにご指導を乞う。
優しいKさんは、ただ説明するだけでなく、
ササッと円座を編み上げ、私にプレゼントしてくれた。
20150102224024523.jpg
名づけて『マーガレット』
うーん、この完成度の高さ(惚れぼれ)。
車の運転席に置いて、毎日ウキウキしながら愛用中。

それにしても、同じ編み図で編んでこの違い。
毛糸の太さか?私のミスか?
または、私が作ると全て丸みが出て、
ゴロゴロした雰囲気になるのか?
体型に合わせた作品を生み出す気は全くないのだが…。

20141225235131422.jpg
『アネモネ』
本当は葉っぱのモチーフがつくのだが、長男の担任の先生に
プレゼントするため、時間切れでこのままあげてしまった。
もう一度、今度は葉っぱをつけて作りたい。

もう一つ、クリスマスカラーで作った『マカロン」と名づけた作品があったのだが、
写真を撮り忘れて、次男の担任の先生にプレゼントしてしまった。
あぁ、残念。
色々な所が抜けている、相変わらずな私だ。

この他に、小物を幾つか作ったのだが、また次回、ご紹介するとしよう。

『スモール・アクアリウム』その後

前回書いた『スモール・アクアリウム』。
1か月以上が経過し、色々と変化があった。

このタンクはキャンドルホルダーであるため、
ガラスに暗い色がついていて、
中が見えにくいのが難点であったため、
アクアリウム・ライトを購入した。
plant tank

キャンドルホルダーに置いた球根は
plant1
少しづつ成長し・・・
plant2
こちらも・・・
plant3
順調だ。

植物が順調な反面、ベタは残念な結果となってしまった。
青いベタは元気がないなーと思い、
ろ過装置のついている大きい水槽に入れたら行方不明になってしまった。
他にも小魚が入っていたけれど、
外敵になりそうな生き物は入っていなかったので不思議で仕方がない。

そして白いベタはなんと、溺死してしまった。
魚が溺死!?
と思われるかもしれないが、ベタは口を水面に出して呼吸するのだ。
もちろん魚なのでエラ呼吸もしているのだが、
60%の酸素は水面呼吸から取り入れているらしい。
斜めに入れてあったキャンドルを置くための段の、
一番下の隙間に入ったはいいが、出られなくなってしまったらしく、
私が帰宅したら溺れてしまっていた。

さすがにガッカリ。
しかしベタの魅力に取りつかれてしまった私は
諦めるどころか、再挑戦、再々挑戦を試みるのであった。

<つづく>