日本語クラブ 「レベルわけ」と「レシピカード」

今回の日本語クラブは4家族が参加。
子ども達、下は2歳から上は12歳と総勢9名となった。
とても賑やかで、お家を開放してくださった方には大迷惑!
ではあったが、なかなか充実した会となった。

今回からレベル分けをしてみることにした。
年少組は、いままでやったことのない新しいことわざカルタ(ひらがな)に挑戦。
年長組は、漢字カードを並べ、カルタの要領で取るゲーム。
二組に分けようとすると、なんと漢字カルタ希望者が続出!
ちょうど半々くらいの人数に分かれると予想していたが、
ひらがなカルタは参加者が3人ほどの状態に。

ここで「あなたはこっち!」と、年齢や(親の決め付けた)実力で
無理に頭数を揃えてしまわないほうがいいと思う。
本人がやりたい事に挑戦して出した結果だからこそ、
それが良くても悪くても、次につながるのではないか。
と、事前に頭で考えてはいたが、実際はどうであったかと言うと・・・。

この不均等な分かれ方が功を奏して、実に面白い効果が出た。
いつもは枚数を取れず、悔し泣きしている5歳のHくんは、
沢山取れて大満足!
(うれしかったらまた頑張るだろう。)
漢字チームに入りたかったけど、しぶしぶひらがなカルタをしたMちゃんは、
次回参加するために漢字練習の意欲が湧き始めているとのこと。
(参加したいから次までに練習するだろう。)
漢字チームもなかなかいい勝負。
数週間前はほとんど取れなくて、闘争心に火がついたKくんは、
今回8枚取れた!と、お家に帰って家族に自慢していた、とのこと。
(ますますやる気を出しているらしい。)


カルタの後、年長組は引き続いて漢字の読み書きのプリントをやった。
4ページは多いかな、と思ったけれど驚くほど集中して黙々とやるメンバー。
年少組は、ひらがなのしりとりプリントをやった。


最後におやつを食べながら、もう一つ、お楽しみのお勉強。
cookie recipe
事前に用意した『レシピカード』には
○○いろの M&Mを ○こ、
○○いろの M&Mを ○こ・・・
とプリントしておいた。
子ども達はクッキーにクリームを塗りつけ、その上に
各自、好きな色のM&Mチョコレートを
好きな数だけ乗せてオリジナルレシピを作るわけだ。
○の部分を埋める際に「これは何色?」と子ども達に訊いて、
色の名前をレシピに書き込んでもらう。
チョコレートを数える時ももちろん日本語で。
色と数の復習、というわけだ。
年長組の子ども達にはつまらないかな?と思って用意したけれど、
皆さんが持ち寄ってくれた他のおやつも活用して、
オリジナリティー溢れるイチゴ乗せや、ブドウ乗せクッキーも登場。
男の子も女の子も、なかなか楽しそうにやっていた。
cookie recipe2

プロジェクト「ブックカバー」

フロリダ娘が気ままにやっている私設図書館は、
また沢山の絵本を寄付して頂き、ますます蔵書が増えている。

風呂敷しおりも、ポツポツと買って頂いている。
その売上金で先日、リクエストがあった本を初めて日本から購入したばかり。
応援し、支えてくださっている皆さんに感謝、感謝である。

そんなこんなで風呂敷第一弾は、大方売れ切れとなった。
そこで第二弾の布を早速仕入れてきた。
2nd froshiki
今回は地元のウォルマートで購入。
物色すれば、意外とアジア風の布が売っているものだ。

これを早速風呂敷に・・・と思っていた矢先に、
私のミシンが音を上げてしまった。
安いミシンで、手入れも怠っていたので仕方がない。
その嘆きをフェイスブックに書き込みしたら、
何人もの方から「私のミシンを貸しますよ」と、ありがたい申し出を頂き、
これまた感謝感激させて頂いた。

優しい申し出をしてくださった人の中で、売ってくださるという方がおられ、
とても状態のいいミシンを安価で譲って頂いた。
これでまた、オリジナルグッズ作りに励むことが出来る。
ありがたや、ありがたや。

オリジナルグッズと言えば、こんなものも作ってみた。
covers
オリジナル・ブックカバー
cover in use
風呂敷の余り布を使って作ってみたらなかなかいい感じに仕上がった。
bookcover blue
リボンを買ってきて、しおりをつけてみたり
bookcover open
こちらは2種類の布のコンビネーション

新しいミシンで楽しく作業していると、
図書館のためにグッズを作っているのか、
グッズを作る口実に図書館があるのか、
だんだん分からなくなってくる・・・。

レモンの花

今年の冬は暖冬だ。
庭の花もどんどん咲いている。
今年はレモンの木に沢山花がついた。
lemon tree
レモンの実は見慣れているけれど、
レモンの花をパッと思い描けるだろうか?

lemon
レモンの花は外側が薄い紫

lemon blooming
白い花が開くと、とてもいい香りがする

ミツバチが飛んでいるのも数回見かけたので、
今年はレモンが豊作かもしれない。
・・・と書いたのだが、数日前に朝晩ぐっと冷え込み、
気温が0℃を下回ってしまった。
このレモンの木の花も葉っぱも、寒さでやられてしまったので
どのくらい実がなるものか、怪しくなってしまった。


こちらはスイートレモン。
sweet lemon
去年、蜂蜜おじさんから1メートルに満たない木を
3本ほど買って植えたのだが、たった1つだけ実がついた。

スイートレモンは日本やアメリカでは馴染みの薄い果物だと思うが、
イランでは名産品である。
冬にイランに行った時、沢山食べさせてもらった。
上品な甘みで、独特の香りがして、ヤミツキになった。

これはイラン人がとても郷愁を感じる果物らしく、
季節になると「あ~、食べたいねぇ」と話が盛り上がるネタの一つ。
うちの旦那も木が育つのをとても楽しみにしている。

きっと日本に暮らすイラン人にも、
スイートレモンをこよなく愛し、こっそりと植えている人がいるはず。

(おまけ:昨年イランに移住した日本人のKumikoさんが綴る、
ブログ『砂漠人』にて、スイートレモンの写真・記事あります。)

縁の下にヒヨコはいたのか?

縁の下にヒヨコが孵っていたのか?
という所で、先日の日記は終わっていた。

chick1
翌朝、早速縁の下を覗くと・・・
黄色や黒のフワフワしたものが動いている。
chick2
やっぱりね。

エサをまきながら誘き出してみると、
母鶏の後にくっついて、出てくるわ、出てくるわ。
chick3
合計10羽のヒヨコが誕生していたのであった。
「絶対に孵っているはずがない!」と言い張っていた旦那も、
これには言葉が出ない。

そのあまりの可愛さに
「ほーらね、言ったでしょ!」とゴリ押しする気分も萎えて、
私たち二人は、しばしの間、ヒヨコ達に見入ってしまったのだった。

鳥たちの近況

去年の今頃は、もうカナリアのヒナが孵っていたよ。

1月の末になって、旦那にそう伝えると・・・
hanging nest
いそいそと巣をかける旦那(の腕)

去年は1月下旬から5月の終わりまで、次から次へとヒナが孵り、
大所帯となったのだった。
canary 1yo
こちらが約1歳の若いカナリア達

canary parents
こちらが親鳥たち

他の鳥はどうかわからないのだが、
カナリアは巣をかけてやると、すぐに興味を示して巣作りを始める。
藁や紙を細く切ったものなどをケージの中にいれてやると、
それを一生懸命運んで、気に入った形、厚みになるまで、
巣の底を整え続ける。
複数のペアが一緒のケージ内では、人気の巣を巡ってケンカが起こるが、
やがて一羽のメスが巣を占領する。
そして1日1個のペースで卵を産み、5個溜まった所でしっかりと座って、
卵を温め始めた。

ここまでの過程が約10日ほど。
去年経験済みの親鳥は慣れたもの、といった雰囲気だ。
約1歳の若いカナリア達は、巣作りをしてみたり、
ケンカをしてみたりするものの、今のところ卵を産んだメスはいない。
まだ幼すぎるのか、それとも始めての産卵・子育てでとまどっているのか。


うちの旦那、カナリアの繁殖は全く飽きないらしい。
多ければ多いほどいい、と言わんばかりだ。
反面、外で放し飼いにしているニワトリ達の繁殖は
「エサ代が馬鹿にならないし、もう十分」と宣言してくれた。
(よかった!)
繁殖を妨げる方法としては、
オンドリが「コケコッコー!」と鳴く様になると人にあげてしまう、
縁の下に卵を産めない様に、建物の周りをぐるりと閉じてしまう、
など。
おかげで産卵場所が決まり、毎日卵を集められるようになった。

ニワトリを飼い始めて1年と数ヶ月。
ようやく増える心配もなく、新鮮卵が食べられるようになったか・・・。
と、感慨深く思っていた私。

しかし・・・。
本日の夕方に少々休もう、と絨毯敷きの部屋にごロリと横になって目を閉じていると、
「ピヨピヨピヨピヨピヨ・・・・・・・」
ん?
かすかに聞こえるあの声は、まぎれもなくヒヨコ達。

どうやら縁の下へのガードは甘く(さすが、わが旦那の仕事)、
忍び込んで卵を産み続けていたニワトリが、温めて孵してしまったらしい。

旦那にこのニュースを伝えても「ありえない!」と言い張る。
明日、縁の下を見てみなさいよ、あなた。