長雨の6月

このところ、連日長雨が続き、気分もま~ったり屋内モードである。

ブログの更新も思うようにはかどらず、それどころか
イランへ出発の日まで1週間を切った今もスーツケースすら出していない
(壊れていないスーツケースは、いったい、いくつあるのだろうか?)。

今回のイラン旅行は3週間。
我が旦那の親戚兄弟はほぼ全員、首都のテヘランにいる。
田舎暮らしを続けていた旦那の両親と妹も、去年テヘランに引っ越した。
なので生活の拠点は(私の苦手な)大都会となり、
排気ガスと、羊の群れを彷彿とさせる大渋滞に日々もまれるのだろう。
しかも6月中旬の選挙までは、路上で政治関係のデモ?キャンペーン?
が行われるらしく、不安がない、と言ったらウソになる。

心配を始めたらキリがないので、考えないようにしているが、
楽しみなこともある。

それはブログ友達のKumokiさんを訪ねること。
彼女はご主人と一緒に、2年前にスウェーデンからイランの砂漠へと移住した。
なかなか苦労の絶えない日々の生活だが、
写真に写る絶景、動物たち、そして砂漠に生きる人々が、
私の中でどんどん膨らみ、期待が募っている。

どんな所か、ご興味のある方はぜひ、ブログ『砂漠人』をご覧あれ。
砂漠人3 移住後2年目
砂漠人2 イラン移住編
砂漠人 スウェーデン編 


今、この場所でパソコンに向かっている自分が、
来週の今頃は遠い異国の地にいる、という実感が湧かないのだが、
見るもの、触れるもの、全てを楽しんで来ようと思う。

行ってきます!!