クジャクの羽

しばらく前に、我が家にクジャクがやってきた経緯を書いた。

我が旦那に捕獲された当初、彼はとてもみすぼらし風貌で、
クジャクのトレードマークである羽は全くなかった。
それから、かれこれ4~5か月をかけて徐々に我が家に慣れ、
旦那の計らいでツガイのメスまでやってきて、
今では我が物顔で、うちの庭を歩き回っている。

彼の羽も、日に日に伸びていった。
太陽に照らされるとギラギラと光を反射する様な、
独特の光沢を持った羽は、とても美しく、
鳥フェチでない私も、時々立ち止まっては眺めている。
体の後ろにどんどん伸びていき、歩きにくそうに見えるが、
どこの筋肉を使うのか、ひょいひょい、と浮き上がらせながら
上手に歩いている。
日が暮れると裏のデッキから屋根の上に飛び上り、
そこからまた屋根の上に張り出した大木の枝へと飛び、
メスのクジャクと仲良く寝ている。

そんなある日。
帰宅して洗いものをしていると、窓の外にチラッと
緑色の何かが見えた気がした。
身を乗り出して窓の外を見ると、孔雀が立派に羽を広げているではないか!
まだまだそんな高度なことができるとは思っていなかったのに。
急いで子ども達に声を掛け、皆で鑑賞。

そして携帯電話を掴んで外へ走り出し、
驚かさないように気を付けながら、
短い動画を撮影することに成功した。


オンラインで検索した時には、
クジャクは成熟するまでに5年くらいの年月がかかる、
と書いてあったので、なんとなく安心していた私。
だが拾ったクジャクである。
いつ生まれたのか、現在何歳なのか、わからない。
羽が全くなかったので、若い鳥だと思い込んでいたが、
もしかしたらもう、成熟した男性なのかもしれない。

まさか、暖かくなったら今度はクジャクの繁殖が!?

プロジェクト 『クーポン部』

仕事が忙しくなって来た。
体調コントロールと日々の生活、
そしてメンタル面をいかにバランス良く管理していくか、
実力が試される時である。

身を粉にして働いてる・・・
と言いたいところだが。

心がささくれ立つ。
体力がない。
子どもが風邪をひき、わたしも風邪をひく。

ともすると現実逃避。

新しいクーポン部のサイトなぞ作ってしまった。

これもプロジェクトと呼んで正当化。