イラン旅行記 <9> 従兄の別荘

ここ数年、オスカーの従兄や甥、姪達の結婚・出産ラッシュ。
一族の新しいメンバーが増え続けている。
この日はマジッド&オミッド兄弟の別荘へ招かれた。
二人は昔ベヘルーズの薬局で働いていたが、
今は独立し、二人で薬局を経営している。
ちなみにマジッドとオミッドはベヘルーズの妻であるパルビンの弟達。

アブ・サルデという別荘地らしいのだが、テヘランからは1時間強かかった。
到着してみてビックリ!
absarde.jpg
この解放感!
山の斜面にあるベヘルーズの別荘とはまた違った雰囲気。
absarde1.jpg
やはり果樹が沢山。
absardeFruit.jpg
犬や鶏を飼っていた。
absardeDogs.jpg

この街の名前「アブ・サルデ」「冷たい水」という意味。
別荘にあった大きなプールの水がものすごく冷たい。
absarde2.jpg
山から引いているのだろうか?

ベランダから見守る女性陣。
absarde3.jpg
肌を見せてはいけないせいか、女性達は泳げない人が多い。
私は服を着たままプールで泳いだのだが、皆、珍しい生き物でも見るかの様。
私と一緒に唯一泳いでいたのがセピデ。
absarde4.jpg
超美人でスポーツ万能なサイードのフィアンセ。

この日はマジッドとオミッドの兄弟姉妹がほぼ全員集まり、
それぞれの父、母などが加わって大勢だった。
absarde5.jpg
ランチ風景。
食事の後は、女性陣が散歩に行くと言うのでついて行った。
超いたずらっ子のバルディアも一緒。
absarde6.jpg
道端の風景
absarde7.jpg
absarde8.jpg
女性陣記念撮影
absarde9.jpg
帰りはトラックの荷台にのってはしゃぐ女性陣。
absarde10.jpg


夜になっても大騒ぎ。
サッカーゲームをしてみたり、記念撮影をしたり。
absarde13.jpg
オスカーと両親
absarde11.jpg
バルディア+おじいちゃん(青年時代オスカーとつるんで悪さしていたらしい)
absarde12.jpg

家族が多いっていいなぁ、と思う。
しかし濃密な家族には、それなりの波風も立つわけで、
私も過去に何度か一触即発(!)の親族会議に同席させられたことがある。
そんな色々な事もありながら、こうして集まって
一緒に楽しく過ごせるのは本当にうれしい。

イラン旅行記 <8> ハマダーン旅行③

ハマダーン市内を駆け足で廻った理由は、今回の最大の目的地、
アリー・サダッド洞窟へ向かうためだ。
ハマダーンから約2時間ほど離れた場所にあるこの洞窟は、
知り合いのイラン人から「ぜひ行ってみて!」と勧められていた場所だ。

Iran Japanese Radioのサイトに詳しい説明があるので、ぜひご一読あれ。

alisadr1.jpg
またもや荒野をひた走り、やがて黄金色の小麦畑が遠くまで続く、
アッバス・キアロスタミの映画に出てきそうな景色に変わった。
alisadr2.jpg
しかし畑の起伏は丘という雰囲気で、一体どこに洞窟が?と訝しんでいると、
「はい、到着」と言われた。
日本の感覚から、山の麓にあるのかと思っていたら大間違い。
やはり観光地らしく、レストランや遊具などの施設があり、
その奥の立派な建物に入ると、ライフ・ジャケットを渡された。
alisadr3.jpg
それを着用して進んでいくと、すぐに洞窟の中へ。
入った瞬間、ひんやりと涼しい。
入口は広々としていて、段々と狭くなっていくけれど、
きちんと整備され、ずっとライトアップされているので
閉塞感もなければ、心細くもならない。
alisadr4.jpg
ただ通路の左右にずらーーーーっと椅子がならんでいるので不思議に思っていると、
普段は観光客で長蛇の列になるので、椅子に座って待つのだという。
これまたラマダンの影響で、洞窟内には人っ子一人いず、我ら一行の独占ツアー。

やがて船着き場に到着。
alisadr5.jpg
ボートに乗り込み、船頭とお客一人のボランティアとで足漕ぎで進んでいく。
我らの漕ぎ手は義弟のベヘルーズ。
alisadr6.jpg
ところどころに水深が記されており、深いところで13メートルとあった。
alisadr7.jpg
水は澄んでいて冷たかった。
alisadr8.jpg
あちこちから垂れ下がる鍾乳洞は圧巻そのもの。

その後船を下り、徒歩でガイドが説明してくれる区間があった。
alisadr9.jpg
alisadr10.jpg
alisadr11.jpg
alisadr12.jpg
alisadr13.jpg
alisadr14.jpg
alisadr15.jpg
またもう一度船に乗って、合計2時間強の洞窟散策だった。

自然が作り出した美しい鍾乳洞に囲まれた異空間でを満喫できた。
オスカーも弟夫婦も初めて訪れたので、満足気だった。
「こういう所に遠足で子供たちを連れてくればいいのに。」と
しきりに言っていたオスカーであった。

イラン旅行記 <7> ハマダーン旅行②

ハマダーン旅行、2日目の朝。
早めに起きて朝食を食べ、ホテルを早々にチェックアウト。
車で街の中心部へ向かう。

私達が最も見たかった史跡が「アブ・アリ・スィーナ廟」。
2世紀の研究者で、哲学や医学に精通したイランが誇る偉人の一人だ。
hamedan7.jpg
うちの次男の名前は彼からとったので、次男は特にこの史跡を楽しみにしていた。
hamedan6.jpg
公園の一角に建っている。
hamedanS.jpg
次男、アブ・アリ・スィーナ像と一緒に。
hamedan11.jpg
高い塔部分の真下はこんな風。
hamedan12.jpg

建物の中は展示場になっていた。
hamedan9.jpg
hamedan10.jpg
外の塔へ。
hamedan13.jpg
hamedan14.jpg


その後も駆け足で街の中の史跡を巡った。

こちらは「詩人/バーバー・ターヘル廟」。
hamedan15.jpg
塔の内側。
hamedan16.jpg
hamedan17.jpg
イラン人は詩をこよなく愛する民族。
こんな風に後世に語り継がれ、祀られている詩人が沢山いる。

バーバー・ターヘル墓のすぐ脇で陶器を売っているおじさんがいた。
hamedan18.jpg
細かい模様がちりばめられた皿や瓶などは、何度見てもうっとりしてしまう。
hamedan19.jpg
ハマダーンはこういった焼き物が名産でもある街らしい。
ここでお土産に皿を3枚購入。


「ゴンバデ・アラビアン」
hamedan20.jpg
6世紀に勢力のあったアラビアン家がモスクとして建設し、
後に墓となった建物。
hamedan21.jpg
中に入ってみる。
hamedan22.jpg
壁の模様。
hamedan23.jpg
地下に続く階段が、恐ろしく狭くてびっくり。
恐る恐る地下に下りてみると、とてもお墓らしい作りになっていて、
hamedan24.jpg
イラン式に泣き伏す真似をする面々(笑ってる人、不謹慎)。
hamedan25.jpg

歴史的遺産にはそれほど関心を示さないオスカー。
このアラビアンの墓でも、最初に目に入ったのがこの木。
hamedan26.jpg
「アプリコットだ!」と目ざとく見つけて、
係員のおばさんに木について質問しまくり、
「誰の木ってわけじゃないから、好きなだけ摘んでいきなさい」
と言われていた。
hamedan27.jpg
時間さえあったら収穫祭をやっていそうな面々だったが、
この後、この旅行、最大の目的地へと向かって急いだのだった。
つづく・・・

イラン旅行記 <6> ハマダーン旅行①

今回の帰郷で唯一、泊りがけで訪れたのがハマダーンという街だった。
この街は世界で最も古い都市の一つで、聖書にも記録があるそうだ。
古都らしい史跡や建造物が多く、テヘランから300キロ以上離れているが
人気のある観光地だ。

昼過ぎにテヘランを出発し、イランらしい荒野を南西にひた走る。
途中スピード違反の取り締まりに2度も止められてしまい、
義弟のベヘルーズは苦し紛れに
「スピード出しすぎのはずがない!
俺の車には日本人が乗っていてスピードを出させてくれないんだから!!」
と私を言い訳に使ったらしい。
警官達と義弟がニヤニヤこちらを見ているなぁ、と思いつつ、
車内から笑顔を返していたら、なんと日本人に免じて2回目のスピード違反はなかったことに。

夕方、ハマダーンに到着してホテルを探す。
先述のラマダン(断食月)の影響で、繁忙期の半額で泊まることができたらしいが、
それでも一泊約2万円のお部屋(ビュッフェ形式の朝食付き)。

日も傾いていたが、せっかくなので観光することにした。
hamedan1.jpg
まずはロープウエーに乗り、
hamedan2.jpg
ハマダーンの街が見下ろせる山の上へ。
その頃には日もとっぷり暮れ、明かりがくっきりと
その円形の街の形を浮かび上がらせていて綺麗だった。
hamedan3.jpg
(手ぶれ、すみません・・・)
山の上にはモスク(イスラム寺院)があり、
そこまで野原のような道を歩くのだが、途中大きな岩がそびえ立っていた。
誰かの墓石らしいのだが、ほぼ暗闇で何も見えない。
その岩山をオスカーと弟、そしてうちの子供たちが登っていき、
声は聞こえるが姿形が全く見えなくなってしまった。
足でも滑らせたら・・・と想像すると恐ろしくなり、
離れた場所から「早く戻れ!」と念じ続けた。
ようやく戻ってきた男性陣と再びロープウエーに乗って山から下りた。
hamedan4.jpg
上からも見えた滝
広場になっている場所には露店が出ていて、観光客も沢山いた。
hamedan5.jpg
観光客の一人に「ギャンジュ・ナーメ」の存在を教えてもらい、その場所へ。
hamedanGangename.jpg
ペルシャ王を称えた詞が3つの古代言語で記されているのだが、
もう暗かったのでよく見えず、何だか理解しないままササッと記念写真を撮った。
フロリダに戻った現在、長男は歴史の授業で古代文明を学んでいる真っ最中。
メソポタミア文明、ペルシャ帝国など、まさに彼の地で
遥か昔に巻き起こった事象を勉強しているわけだ。
「先生が説明する楔形文字が刻まれた場所へ夏に行った、
なんて友達はクラスに誰もいないだろう!
お前の体にはペルシャ人の血が流れているんだぞ!」
と、今更ながらに大興奮した母であった。

ハマダーンの旅はつづく・・・

イラン旅行記 <5> 山登り

ある日ラバサンの果樹園に親類たちが集まって、ランチを食べた。
ランチの後かたずけが終わり、腹ごなしに散歩に行くことになった。
男性陣が「山へ行こう!」と言う。
どんな山なんだ?と訊くと、すぐ近くのちょっとした山だ、という。
気楽な気持ちで歩き始めてビックリ!
そびえ立つはげ山にどんどん近づいていくではないか!
mountain.jpg
しばし呆然としていると、後から来た長男と甥のサイードが追いついた。

長男は食後に、従兄からのレスリング攻撃に遭い、
「首が痛いから行かない」と半べそで、私達とは一緒に来なかった。
しかしサイードが半ば強引に、後から長男を連れてきてくれたのだ。

イランに到着した直後から、しつこいくらいのちょっかいに始まり、
20代の従兄が体当たり、くんずほぐれつ遊んでくれたり、
とにかく私とオスカー二人では到底賄いきれない量の愛情シャワーを、
家族の皆が代わる代わる注いでくれていた。
ずっと晴れなかった長男の表情も、
この止むことのない愛情攻撃に少しづつ、少しづつ、ほぐれて行っていた。
そしてこの日も「首が痛いのに何でレスリングするんだ!」と一度は怒ったものの、
もう一人の従兄に説得(無理矢理腕を引っ張られて)、山を登り始めたのだった。

mountain2.jpg
はげ山は近づいてみると、石ころと土埃にまみれた乾いた山肌だ。
一歩登るとずるずると滑り落ちるので、ほぼ四つん這いになって
所々に飛び出している岩に手や足を掛けて少しづつ登っていく。
息は上がるし、滑りそうでとっさに掴まった植物はチクチクと棘だらけ。
同行していた親類の(ちょと太めな)お兄ちゃんですら
「俺を置いて行ってくれ!ここで待ってるから。」
と何度も泣き言を言うほどだった。
こんな道程だとは(もちろん)誰も教えてくれなかったので、次男はスリッパ履き。
長男は手のひらに10か所以上も棘が入り込んでしまった。
それでも悪戦苦闘の末、どうにか全員で頂上へ。
mountain4.jpg
180度の見晴らしといい、吹き抜ける風といい、最高の気分だ。

長男が私に歩み寄ってきて、「できた・・・」とつぶやいた。
涙で声が詰まっている。
きっと私達とは別のレベルの達成感が、長男の心の中に押し寄せていたのだと思う。
1年近く思うように動けなかった彼は、自分の体に自信を無くしていた。
何をしても痛い、首が痛いから何もできない。
そう思い続けてきた日々が、この時、この瞬間に終わった。

実は出発前、アメリカでは色々な専門家をたらい回しにされた結果、
精神科の医師に、うつ病の薬とカウンセリングを勧められていた。
実際カウンセリングは3回ほど通ったのだが、
カウンセラーに慣れるためにゲームをしたりしている段階で
イランに出発することになった。
もし、あの時、大事を取ってイラン旅行に出掛けなかったら、
今、元気に中学校に通うことができたのか、かなり疑問だ。

「自分は大丈夫だ」
そう思えることが、ようやくできた。
長男が自分で体得しなければならなかった感覚だったと思う。
ずっとずっと晴れなかった雲間からパッと光が差し込んで、一気に青空が広がった様。
この日から、長男は少しづつ「痛い」と言う回数が減り、
滞在期間中、後半は筋トレ・アプリをダウンロードして腹筋を鍛え始めた。
もともと体を動かすことが好きな人間なので、火が付いたらメラメラと燃え上がったらしい。

この一歩が、越えられなかった回復への歩みだしが、イランに来たからできたのだと思う。
少々荒療治だったかもしれない。
でも皆の濃厚な愛情というセイフティーネットがあったから、できたことだ。
親戚や家族には感謝してもしきれない。

長男だけではなく、次男もこの1年近い間、
日々押し殺して我慢していた部分が多々あった。
それが毎日晴れ晴れとした表情で、走り回り、声を上げて笑い、
まるで解き放たれた鳥を見るよう。
mountain3.jpg
イランに来て、本当によかった!

イラン旅行記 <4> ラバサンのサクランボ園

イラン人の抱く夢の一つに、果樹園付き別荘を買うことがある。
テヘランから山一つ越えたラバサンという地区は、近場の別荘地として人気だ。
義弟のベヘルーズは、3年前にこのラバサンに果樹園を購入したばかりで、
前回私達家族が訪れた時には、建物はまだ整備中だった。
sakurannbo1.jpg
今回、別荘は内装が完成し、2階にはベランダまでついていた。
sakurannbo2.jpg
庭の木にはさくらんぼがたわわに生っている。
sakurannbo3.jpg
滞在中何度も足を運んで、さくらんぼ狩り+食べ放題を楽しんだ。
sakurannbo4.jpg
sakurannbo5.jpg

私たちがイランに滞在中、映画監督のアッバス・キアロスタミ氏が亡くなった。
テレビでも大きく報じられていたけれど、
オスカーの家族は誰もキアロスタミ映画を見たことがないらしい。
私は高校時代によく映画を見にいっていたので、彼の作品も何度か映画館で観ている。
検閲の厳しいイランで映画を作るのは難しそうだけれど、
キアロスタミ氏の映画は海外にも高く評価される作品が多く、
イランが誇るべき映画監督だったと思う。
ただ作品に娯楽性があるかと言われればそうでもなく、
その素朴さやイランらしい景色は、現地の人には魅力的には映らないのかもしれない。
このキアロスタミ氏の自宅がラバサンにあったそうだ。
彼の死後数日経って、棺が運ばれ、埋葬される様子がニュースに出ていた。
「ラバサンだ、ほら!見てごらん!」と義弟に言われ、
それなら、と「キアロスタミ氏のお墓を訪れたい」とお願いしてみた。
しかし場所がはっきりわからなかったのか、今回は実現しなかった。
次回、イランを訪れる時にはぜひ、キアロスタミ氏の眠る場所にお花をお供えしたい。
sakurannbo6.jpg
墓地を探して車でうろうろしていたら、川べりに出てしまった。

別荘地としての開発が進むラバサンには、今回高級デパート的な建物ができていた。
海外有名ブランドのお店が沢山入っていて、地下はスーパーマーケット(デパ地下)。
supermarket.jpg
1度だけお買い物に入ったら、なんと!寿司が売っていた!
(興奮して写真を撮り忘れた。)
寿司とは縁遠い地なので、味は当然褒められたものではなかったが、
値段は以外にも400円ほどと安価であった。
しかしまた買おうとは思わないし、これではイラン人が
「いやー、寿司っておいしいねぇー」と思うこともないであろう、と思われる。
supermarket2.jpg
イランには昔懐かしい商店街的なお店が多く、
パンはパン屋さんで焼きたてを買うし、薬は薬局で、
野菜や果物は八百屋で買うことが多い。
スーパーマーケットはあまり見かけないが、今回コンビニ風のお店が
あちこちにあったので、もしかしたら少しづつ、
お店も西洋的な様式に変わりつつあるのかもしれない。

イラン旅行記 <3> ラマダン

帰郷5回目にして初めて、ラマダン(断食月)にイランを訪れた。
旅行の日取りが決まった時点で、義弟は
「まだラマダンが終わらない時期にくるの?」と、苦い口調。
ラマダンは辛いからだろうか?
私たちも断食するのだろうか?
と思っていたが、イランの家族は皆「しなくていいよ」と言う。
そう意味ではなく、ラマダンの期間は街も人も普通に機能しないからだ、とのこと。

イランに到着してみると、
断食している人としていない人さまざまだった。
高齢で健康体とは言えない義父母は断食しないが、
同じ家に住む義妹はしっかりとラマダンの日課をこなしていた。
rosie.jpg
彼女は夜明け前に食事とお祈りをし、
日中は部屋の隅で静かにコーランを読んでいるか、眠っていた。
kadija2.jpg
kadija3.jpg
断食はできずとも、お祈りは欠かさない義母

断食月は毎年少しづつずれるのだが、今年はもっとも日が長い。
つまり断食時間が長い年らしい。
夜8時45分頃に断食時間が終わり、熱いお茶を飲み、
パンやスープなどを食べる。
サフランで黄色くした甘いライスプティングも、よく食べていた。
私達は毎晩カバーブとライス、肉の煮込み料理など、ヘビーなご馳走を食べていたが、
断食している人達はお腹に優しいメニューを食べると決まっているようだった。

滞在期間の前半は断食月だったので、昼間親類の家を訪問すると、
お茶や果物を振る舞われるのだが、
それを出してくれる彼女らは何も口にせず、なんとも申し訳ない気分であった。
レストランも日中営業しているが「持ち帰りのみ」で
断食時間中に店内で食べることはできないらしい。
ラマダン期間中は、昼間おとなしくしている人が多いらしく、
夜になると、いつもに増して人や車が町中に溢れている気がした。
後で書くが、1泊2日の旅行に出かけた時もまだ断食月だった。
おかげでホテルは半額近い値段で泊まることができ、
観光地はガラガラで、ほぼプライベート・ツアー状態。
不謹慎かもしれないが、ラッキー!と感じてしまった。

テレビではイスラム系過激派グループがトルコやバングラデシュなどで
「活動的」にテロを起こしていたが、
イラン国内では社会全体がむしろ「非活動的」な日々を送っていると感じられた。
テレビ画面に映る恐ろしいニュースに、イランの人々も驚きと脅威の表情を見せていた。
オスカーはわざと
「今、イスラム教徒はどこへ行っても肩身が狭い。
ニュースを見てみろ。
自分はイスラム教徒だ、って言いたくなくなるだろ?」と
家族・親戚にいちいち訊ねていた。
皆、ちょっと困った表情で
「あれは過激派グループだ、私達とは違う」と言っていた。
「皆同じだと思ってるよ。イスラム教とはそういう宗教だって皆が思ってるよ。」
追い打ちをかけるように、意地悪なことを言うオスカー。

イラン滞在中、日々感じていたのは、イラン国内はとても平和だということ。
夜の12時すぎに沢山の人が公園で夕涼みを楽しみ、家族皆でピクニックをしている。
アメリカのどこへ行っても夜中に気軽に出歩けるような場所はないし、
イランで感じられるような「コミュニティー感」はない気がする。
諸外国から「危険な国」として避けられているイラン。
そうではないのになぁ、と残念で仕方がない。
kadija.jpg

イラン旅行記 <2> テヘランの街並み

3年ぶりに戻ってきたイラン。
前回同様、義父母と義妹の住む家に居候させてもらう。
ali house
この家は義弟のベヘルーズが営む薬局から徒歩5分ほどの場所にあり、
ベヘルーズはほぼ毎日義父母の様子を見に立ち寄るらしい。
ali amir
アリおじいちゃんと長男

また義父のアリおじいちゃんが薬局まで散歩がてら歩くことも日課となっている。
私達もアリおじいちゃんに同行。
saeed bike
と思ったら、甥のサイードがバイクでお出迎え
saeed bike2
すでにイラン気質全開 バイクに乗せてもらう次男
street.jpg
street2.jpg
イランのお家は門がしっかり、ブザーを鳴らして開けてもらう
street3.jpg
テヘランで縦列駐車ができなかったら生きていけない


以前ベヘルーズの薬局の隣を間借りしていた床屋さんは、
向かいに引っ越していた。
早速オスカーと息子達2人は散髪をしてもらうことになった。
haircut1.jpg
haircut2.jpg
このおじさんと青年コンビは、初めてイランを訪れた時から毎回会っているので、
まるで親戚のような気分。
haircut3.jpg
散髪完了後、皆で記念写真。

サイードの愛車の中(前回書いたPVが流れている)
saeed car
車窓から
street4.jpgstreet5.jpg

テヘランは大都会だが、公園も多い。
parke Police
水と緑をこよなく愛するイラン人、公園使用度の高さには毎度驚く。
park.jpg
park2.jpg
park3.jpg
park4.jpg
長男の、はるか後ろにそびえるビル。
この工事は私が初めてイランに来た時、そう、かれこれ11年前から続いている。
右も左もわからず、言葉もさっぱりだった私が、ベヘルーズの車からこのビルを見る度に
「あぁ、この場所か。薬局まであともう少しだ。」と、道しるべのように感じていた。
完成しないでいてくれる事に、感動さえ覚える。

イラン旅行記 <1> イランへの長い旅

今回の旅は往復ともカタール航空を使った。
地元空港を午後3時半頃出発して、マイアミ空港まで1時間のフライト。
マイアミからカタールのドーハまでは15時間。
ドーハで3時間ほどの待ち時間があり、
イランの首都テヘランまで、さらに2時間のフライトを経て
到着は翌日、夜の10時半という旅程だ。

過去にはヨーロッパ系の航空会社を使って、
フランクフルト、アムステルダム、ローマなどの空港を経由したが、
今回の空の旅は過去最高に快適だった。
飛行機は新しく、機内が広く感じられたし、サービスもとてもよかった。
ドーハ空港での乗り換えもとてもスムーズで
混雑しているヨーロッパの空港とは大違いだった。
qatar airport
神々しいまでの空きっぷり

チェックインできる荷物が1人あたり30㎏のスーツケール2個と太っ腹なのも嬉しい。
そうとなれば出発前夜までお土産になりそうなものを買い漁り、
最大限のスーツケース8個預けるのが我が家流。

そうして降り立ったイラン。
弟のベヘルーズ家族4人(甥のフィアンセも一緒)、
姪のサラ夫婦、甥のホセイン、懐かしい顔ぶれが空港ターミナルで待っていてくれた。
車3台に荷物と人間を乗せ、まだ熱気の残る荒野をテヘランまで約1時間ひた走る。
甥のサイードが運転する車中では「アメリカからのお客様用」にビヨンセのPVや、
イラン人アーティストとスヌープドッグがコラボした曲などを大音響で鳴らしてくれた。


この曲は滞在中ヘビーローテーションで車内は毎度 クラブ状態

長旅の末に到着したのは、オスカーの両親と妹が住む家。
深夜に近いというのに皆でお茶を飲み、夕食を食べ、それでもお喋りが尽きない。
これから4週間近く、こんな毎日が続く。
あぁ、イランに戻ってきた!