サクセス!

「サクセス!(大成功!)」

日曜日の午後、オスカーが声高らかに家に飛び込んできた。
「何羽だと思う?!5羽!全部だ!」

この所、呪文の様に「父の日、父の日・・・」と繰り返していたオスカー。
世間で言う『父の日』とは全く関係なく、
母孔雀が卵を温め始めたのが、父の日あたりだったからである。

卵は全部で5つ。
母孔雀は車の屋根の上に座っているそうで、
ガンガン陽の当たる、とても良い場所とは言えない環境なのだが、
これなら夜、外敵に襲われる心配もないだろう、と
オスカーは自信たっぷりだった。
朝晩関係なく、ジッと辛抱強く座り続けた母孔雀だが、
2週間が過ぎた頃からオスカーのいつもの悪いクセが出始めた。

母孔雀は当てにならない。
卵5つが全滅するのは耐えられないから、
せめて3つを、無精卵に飽きることなく座り続けている雌鶏に抱かせよう。

と言うわけで3週目からは母孔雀が2つ、雌鶏が3つの卵を温めた。
「おかしいなー。そろそろ孵ってもいい頃なんだがなー。
父の日って何日だった?!」
毎日の様に私に、息子達に尋ねては首を傾げる、父鳥より落ち着きのないオスカー。

そしてとうとう、今日待ちに待った瞬間が訪れたわけだ。
「5羽全部孵った!大成功だ!!」
誇らしげに言ってから、ゆで卵を持って母孔雀の元へ駆け戻って行った。
私は内心嫌な予感を感じていたが、放っておいた。

しばらくして戻ってきたオスカーが、私が恐れていた事を口にした。
ヒナ5羽を全て雌鶏の所へ移して来た、と。
去年と全く同じ様に、母孔雀は3週間座り続けた末に
1羽のヒナも育てる事が出来なくなってしまった。
人でなし!
と、口に出かかったが、今回はオスカーにとっても
悩んだ挙句の苦肉の策だ、と言う表情が見受けられたので、
罵ることは控えておいた。
確かに母孔雀に任せたらヒナの生存率はかなり低くなると思う。
車の屋根の上からどうやって下に降ろすのかも怪しいし、
チョロチョロ動くヒナを狙う鷹がグルグル上空を旋回しているので、
いつ襲われてもおかしくない。
さらにオスカーが母孔雀にエサを与えても、
ヒナに分け与えてやろうと言う気配が全くないらしい。
去年はオスカーが手塩にかけて育てたが、
今回はニワトリという、もう少し面影が似た育ての母に託されただけ、
進歩があったと思うしかない。

早速、雌鶏とヒナのスイートルームとなったニワトリ小屋まで行って
写真と動画を撮ってきた。

育ての親の下から顔を覗かせるヒナ

親鶏を籠から出してみると...

産まれたその日に元気よく歩き回るヒナ達
peachicks 2017
1羽だけ、歩きがおぼつかない子がいるが大丈夫か?

ここから全員元気に育ってくれれば良いが、油断大敵である。
成長の様子をまた時々ブログでご報告したいと思う。

おまけ
peacock from window
雨の日に窓から見える風景

去年産まれた2羽の兄弟孔雀と父孔雀が雨宿り。
1年経ってもお父さんの様な立派な尾羽は全くない。
いつ頃に長い尾が生えてくるのかも楽しみの一つである。

骨折

6月4日に学校が終わり、8月半ばまで続く長い夏休みが始まった。
子どもたちは開放感に浮かれ、大喜びだったが
1週間もすると
「ヒマだー」「ヒマだー」
の合唱に変わった。

長男はバスケットボールをしたり、
友達に誘われてショッピングモールや市営プールへと、
私の送り迎え付きで行っていた。
しかし次男はやることがなく、
結局Youtubeはしごからの夜更かし→朝起きれない→ゴロゴロ の悪循環。

だらけた生活に終止符を打つべく、6月最後の週は
子どもたち2人共スポーツキャンプに参加した。
午前中はチームスポーツ、午後にはプールへ、
と一日中活動的に過ごし、夜はクタクタになるので9時には就寝。
やっと生活リズムが整ってきたかな?と思った矢先・・・

長男が足首を骨折。

土曜日に友達と一緒にバスケットボールをしに行き、
ふざけてトランポリンで前転をして着地に失敗したらしい。
バキッ!という聞いたことのない音がして、相当痛かった。
変な方向に曲がった足を自分で直した。
スポーツ施設係員からの連絡を受けて迎えにいったら、
痛みに顔を歪めながら、長男がそう説明した。
最初は脱臼かと思ったが、心配だったので
救急センターに連れて行った。

2年前の悪夢が蘇る・・・

あの時と同じ救急センターで、とにかく待たされた。
レントゲンを2枚撮って骨が折れているとわかった。
「手術をする必要があるかどうか、専門家のいる病院へ搬送して
レントゲン写真を見てもらわなければならない」
と言われ、長男は救急車(らしいが、私は見ていない)、
私は自分の車で別の病院の小児科救急センターへ。

そこでも延々待たされ、ようやく整形外科の先生がやって来て
二人がかりでギプスをはめてくれた。
fracture
今のところ手術は必要はないと思うが、
1週間後にもう一度、整形外科でレントゲンを撮り、
今後の方針を決めよう、と言われた。

朝9時頃、軽い朝食を食べてから一切食べず、
骨が折れた午後1時から痛み止めを一度服用したのみ。
よく我慢したと思う。
ようやく開放されたのは夜9時に近かった。

「首の痛みに比べたら、どうってことないよ」

たっぷり1年かかった闘病とリハビリの日々が辛かった分だけ、
また再び動けなくなっても、あれに比べたら大丈夫、と
言えるくらい強くなっている。
精神的にも相当参ってしまった前回とは違い、
今回は回復に向かって前向きだ。