生後2ヶ月の孔雀たち

色々とあって夏が過ぎ去ってしまった。
フロリダ娘の動向はさておき、
(追々夏の思い出も綴っていこうと思っている)
孔雀のヒナたちの近況をご報告したい。

ほぼ2ヶ月前の7月9日。
母孔雀が2羽、メンドリが3羽の孔雀を見事に孵した。
信頼できない新米ママの孔雀よりも、
メンドリに任せたほうがいい、と判断したオスカーは、
鶏小屋にメンドリとヒナ5羽を入れて扉を閉めてしまった。
母孔雀は恨めしそうに、鳥小屋の周りをグルグル。
その呼び声に応えるかのように、
金網の内側からピーピー!と言いながら
母孔雀を追いかけようとするヒナも何羽かいた。
それなら、と母孔雀を鳥小屋の中に入れてみると、
継母であるメンドリに猛攻撃!
これでは血で血を洗う修羅場と化してしまう。

そこでオスカーは次の作戦に出た。
鳥小屋の中にケージを入れ、メンドリをその中に入れたのだ。
母孔雀は大きすぎて、もちろんケージには入れない。
が、小さなヒナたちはケージの隙間から出入り自由。
メンドリの側にいたければ、それもよし。
自由に歩き回る母孔雀についていきたければ、それもよし。
これは名案である。

誕生から10日ほど経った頃、
私達家族はイランへ行くことになった。
ほぼ3週間、家を開けることになるので、
いつものように整備工のホセにお願いをして、
動物たち全般の世話をしてもらうことになる。
けっこう大変な仕事だと思うが、
今回もまた、しっかり任務を遂行してくれ、
帰宅した時には魚も、亀も、犬も、鳥たちも、
全員無事であった。

生後1ヶ月の孔雀のヒナたちは逞しい限り。
足は早いし、パタパタと羽を使って、鳥小屋の上の方まで
飛んでいって高い場所にとまったりしてる。
オスカーはご満悦の様子で、度々鳥小屋に行っては
餌を上げたり、じーっと鳥たちを観察したり。
この頃には継母のメンドリと体格が似たりよったりになり、
さすがに違和感を感じたのか、メンドリを鳥小屋から出してやると
全く振り向かずに去っていったと言う。
育ての親、潔し。


それからしばらくして、そろそろいいだろう、と
オスカーが母孔雀とヒナたちを鳥小屋から外に出した。
最初はおっかなびっくりだった親子の群れは
たちまち慣れた様子で、庭を自由気ままに散歩しては、
足で土をひっかいて何かを掘り出したり、
池から上手に水を飲んだりしている。
その間にも草の中や、木の影に隠れて、
上空をウロウロしている大型の鳥に捕獲されないよう、
用心は怠らない。
母親の後をしっかりついていく5羽。
1羽も欠けることなく、順調そのものだ。
IMG_8022.jpg
父親も一緒にポーチに餌を食べに来たところ。

生後2ヶ月の今は、体に少し色がついて、
母孔雀そっくりな見た目。
でもここからもっとカラフルに父孔雀に育てば、
またオスが増えるのだろうし、
この程度でじみなままならメスのはず。
果たしてどのくらいの割合でオス・メス別れるのかも興味深い。


フロリダに超大型ハリケーン・イルマが近づいている。
孔雀やニワトリが吹き飛ばされてしまわないよう、
オスカーおじさん、しっかりやって下さいな。