たこ焼き

人間は、食べられないと分かっていると、無性に食べたくなるものである。

アメリカ生活も早13年。
大抵の日本食は作ろうと思えば材料が揃う、というのが現状だが、
特別な調理器具を要する料理は難しい。
例えば「たこ焼き」。
あの形にするには、たこ焼き機が必要だ。

以前からスーパーの料理器具コーナーで
「トースター」や「ミキサー」と並んで、
すごく気になる存在があった。
それがこちら。

ケーキ・ポップという、ロリポップのケーキ版(ただしドでかい)を作る機械だ。
しかしこれを見た日本人、とくに海外在住者は、
「タコ焼きがやけるのではないか?」
と思うに違いない。


「たこが沢山手に入った」と、お友達のひろこさんが連絡をくれたので、
早速この機械を購入。
たこ焼きを焼く事にした。
takoyaki
この機械、温度が低めなのと、
穴が大きい=たこ焼きが大きいので、
焼けるまでに、少々時間がかかる。
蓋を閉めて5分ほど焼き、クルクル返してまた、5分ほど焼く。
(時間をしっかり計ったわけではないので、目安として。)
それでも中はトロリとした、なかなか美味しいたこ焼きができた。
集った6人の子ども達も、喜んで食べてくれた。


この2家族、6人の子ども達で日本語に親しむ会を始めた。
カルタや絵本などを使って、まずはひらがなをマスターするのが目標だ。
たこ焼きを作る前にも、食材を並べて、どれが何か、
皆で当てるゲームをした。
飽きずに、嫌いにならずに、
美味しいものでも食べながら、
日本の文化や言語に親しみを持ってもらえたら、
と母2人は切に願っている。
Comments

美味しかったね〜

たこ焼き美味しかったね〜♪子ども達も今のところ毎週楽しみにしてくれてるみたいだし(特に私の息子)楽しく続けていけたらいいね〜。

大成功!

この調子で日本を再現して行きたいね!
色々工夫して、楽しく続けて行きたいものです。これからもよろしくお願いしま~す。
Post a comment
Only the blog author may view the comment.

Trackbacks


Use trackback on this entry.

まとめ【たこ焼き】

人間は、食べられないと分かっていると、無性に食べたくなるものである。アメリカ生活も早13年。大抵の日