サラソタ旅行記 ~前編~

イラン旅行記に続いて、また旅行記!
今回もズラズラ15回も続くのでは?と、
すでに背筋に悪寒が走った方がおられるといけないので、
前編・後編と銘打って始める事にする。


誰から仰せつかったわけではないが、
『フロリダ娘』と題しているからには、
フロリダの魅力を発信するのが任務、と
勝手に思っている、はた迷惑なキャンペーンガールが今回旅したのは、
サラソタという海辺の観光地である。


フロリダ州、特に南の方は退職後の安住の地として、
常夏の気候を求めて全米からリタイア族がやってくる。
サラソタもそんな場所の一つであり、また美しい海や町並みが
沢山の観光客を集めている。


我が町から南下すること3時間。
土砂降り雨に歓迎されて到着し、
晴れ間を待つため、早めにホテルにチェックイン。
夕方、リングリング・ミュージアムへ。

『リングリング・サーカス』と言えばかなり有名なサーカス団だが、
その昔、全米を旅して回った彼らが冬季駐在していた場所がここだった。
アートの収集家でもあったジョン・リング氏が買い集めた美術品や、
サーカスで実際に使われた道具や記念品を展示して、
ミュージアムとして一般公開している。

このミュージアムの敷地内で、期間限定でサーカスをやっている、
と知って、当日券を買って見よう、とお気楽に考えていたのだが、甘かった!

満員御礼、売り切れである。

しょんぼりする我ら一行を励ますように、係員のおばさんが、
「庭でも見て行ったら?」と教えてくれた。
ミュージアムは閉館してしまったけれど敷地内を30分ほど散歩できた。
(庭は入場無料。)

このお庭が予想以上に素敵!
rose1
rose2
rose3
rose4
rose5
色とりどりのバラが咲き乱れる「バラ園」あり、

ringling1
エキゾチックな木が沢山あり、
ringling2
植物大好き男の旦那は汗をダラダラかきながら大興奮。

この木は枝から長い根を地面におろし、
それがどんどん太くなって、広大な範囲を覆う様に育つ、と
ガイドになりきって熱心に説明。

ringling3
さて、この木はなんでしょう?
ringling4
こんな実がなるの!?
答えは・・・
ringling5
庭の一番奥、海辺に建つ元リングリング邸宅は豪華そのもの。
今はカフェになっている。
ringling6
今回は閉館していて入る事ができなかったが、
もう一度来たらぜひ、美術館にも入りたい。
ringling7

一雨来そう!と慌てて車に戻ったけれど、
ポツポツ小雨で、なんとかお天気は持ちこたえ、
ロングボート・キーの公園へ。
思ったよりも大きな敷地に、整備された遊歩道が続いている。
人っ子一人おらず、マングローブ林を歩いていると、
孤島の不思議な異空間にいる様だ。
longboat1
同じフロリダでも、3時間南下すれば植物がだいぶ違う。
longboat4
湿った地面には無数の穴が開いていて、
カニが出たり入ったりしている。
それを見つけて大興奮の子ども達。
あれ?どこ行った?
と二人を探せば、遊歩道の先でこんな状態に。
longboat2
旦那は、はしゃぎ疲れたのか、最愛のパートナーとまったり。
longboat3
Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.