Kids Kicking Cancer

長男の通う空手道場が、地元のチャリティーイベント、
Kids Kicking Cancerで演武を披露。

Kids Kicking Cancerは、地元の病院を基盤として行われているボランティアプログラム。
癌や白血病などの重病と戦う子ども達に、武道の呼吸法や集中法を教え、
痛みや恐怖と戦う勇気を与える事を目的とした活動である。
今回のチャリティーイベントでは地元の6グループが参加した。
合気道、空手、カンフーなど、多彩な武道団体が集まり、それぞれの演武を披露。

息子の通う道場では空手だけでなく、色々な武術を教えている。
15分間に様々なデモンストレーションを準備して臨んだ。


まずは先生2人による空手・組手。


次に子ども達による型の演武。


自己防衛のテクニック。


ブラジリアン柔術。


長男は過去数回の大会に出場した際に、全く緊張したそぶりを見せなかったが、
今回は大勢の観客の前で一人でする棒の演武があったため、少々固くなっていた。
”I have buttflies in my stomach...”
(お腹の中をチョウチョが舞ってるよ・・・)
と、上がっている様子を英語で吐露。

が、実際の演武は上出来であったと母は思う。
先生にも労いの言葉を頂き、嬉しそうにしていた長男。

と、さらなるご褒美が!


長男の写真が地元新聞に大きく載ったのだ。
「有名人だー!」と長男、大喜び。
フォト・ギャラリーはウェブ上で見る事が出来るので、ぜひご覧あれ!
Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.