ベタのブリーディング

病気に罹ってしまったベタの看病をしている間に、
別の場所では別のベタが別の病気を患っていた。
恋の病である。

派手なラテ男と、愛娘・ベビ子が恋に落ちたのだ。

何度かお見合いを繰り返し、
お互いに興味津々なのを確かめつつ、
少しづつ2匹を接近させていった。
lateo meets babyko
少しだけ一緒にしてみる!
(でもケンカが怖いので、すぐにラテ男は容器へ戻す。)

ベビ子のタンクに、容器に入れたラテ男を浮かべて数日後、
朝カバーを取るとラテ男の容器の縁に、泡が!

ベタのオスは卵を乗せる泡を沢山作り、それが巣となる。
ラテ男が泡を作り始めた、という事は、いよいよ準備ができたのだ。

女の園に残っていたスケバンをお引越しさせ、
ブリーディング・タンクを準備。

水は浅めにして、水草を入れる。
メスが隠れやすい場所も作った。
温度調節のためにヒーターも入れておく。
そこにラテ男を入れてみた。
落ち着いた頃に、(内心)恐る恐る、ベビ子を放す。

ラテ男が追い掛け回すのではないか?
Breeding tank
と心配したが、お互いをチョロチョロと行きつ戻りつ、
仲睦まじい雰囲気。

ラテ男は翌日から泡を作り始めた。
ラテ男バブル
ポコポコと口から泡をだし、水槽の縁に沿ってためていく。
ラテ男バブル3

作業の合間にベビ子を見ては、やる気を奮い立たせ、
また作業に没頭する。

ベビ子は時々、確認するように巣に近づき、
「まだ~?」と言わんばかりの雰囲気。
心なしか、腹部がさらにふくっらした様だ。
Breeding tank3

言わずと知れた司令塔・エス姫には逐一報告。
子ども達も期待でいっぱい。


そしてある土曜日の朝、始まった。

優雅でロマンチックなベタの交尾。

オスがヒラヒラの体を半分に折り曲げてメスを包み込み、
メスが卵を産む。
午前中ずっと見守ったが、何度やっても卵が出てこず、
不安になってエス姫に連絡。

すぐに飛んできたエス姫に観察をバトンタッチして、
私は数時間仕事場へ。

3時を回って帰宅してみると
「今終わった所」とエス姫が。

ラテ男は私が仕事に行っている間に勝手を知ったのか、
ベビ子の体をギュッと包み、
ベビ子からポロポロと卵が零れ落ちたのだという。

しばらく失神して、ハッと我に返り、
またラテ男と舞を踊りながら、次々に卵を産んでいった。

そう、フロリダ娘は一番見たかった産卵シーンを
丸々見逃してしまったのだ。

(エス姫撮影)

「ガッカリしてる暇はないですよ!」とエス姫。
そうなのだ。
2日後には稚魚が孵り、その先1週間は俗に
『魔の7日間』と呼ばれる。
フロリダ娘は果たして、乗り切れるのか!?
Comments

No title

ソープオペラからナショナルジオグラフィックへ。

産卵というと鮭のイメージが強い私。
それに比べると、なんと華やかな産卵なのでしょう。

卵がかえるのが楽しみだね。

Ashさん

うまいっ!
生命誕生の感動的シーンはまさにナショナル・塩グラフィック! 笑

この続きもまたアップしますので、ご期待ください(ヘロヘロです・・・)。
Post a comment
Only the blog author may view the comment.