ベタの稚魚 成長記録 (3)

11月10日に孵化した稚魚達。
Baby23.jpg
現在の水槽の様子。
左側の畑にはベイビー・ティアーズとグラスが植えてある。
その他にも数種類の植物を入れた。
植物で死角を作り、体格のいい稚魚が小さい稚魚を襲わないように、
という配慮からである。

「大きいものは1匹づつ隔離して育てると、大きく綺麗に育ちますよ」
というS姫の言葉を信じて、水槽の中にカップを浮かべて隔離作戦。
Baby21.jpg
底の方にいるのは小さめの稚魚達。
しかし泳ぎ方がヘンだったり、腹ビレがない稚魚がいる。

S姫の調査によれば、そこをズリズリ這い回る稚魚は『ベリー・スライダー』。
さらに腹ビレがないものについては、
マイクロ・ワームを長期間与えていた場合に出るそうだ。
栄養云々というより、食べ残しに発生するバクテリアがヒレを奇形にしてしまうらしい。
何という事だ!
完璧と思われた稚魚フード、マイクロ・ワームにも盲点があったとは!
Baby24.jpg
それでも葉っぱに乗って休む、など奇形なら奇形なりに
生き延びる方法を自分で編み出す、逞しい稚魚たち。

しかし、ここに来て私と子ども達2人が病に倒れる。
3人揃ってのインフルエンザで、稚魚の世話がままならなくなった。
日課であった水替えも数日間に渡ってお休み。
かなり心配であったが、自分の熱と子ども達の看病で
ヘロヘロになった私には、どうしても稚魚まで手が回らず、
餌をやるのが精一杯であった。
カップに隔離していると水の汚れが心配なので、
結局10ガロン水槽に全員放してしまった。
Baby22.jpg
体調がだいぶ回復し、水槽をまた眺める。
Baby19.jpg
どんどん色が濃くなっている稚魚。
Baby25.jpg
隔離していた大き目の稚魚達はとても元気にやっていた。
Baby26.jpg
しかし小さ目の稚魚は攻撃されたのか、
餌を譲ってもらえなかったのか、死んでしまったものもだいぶいた。
Baby27.jpg
それにしても、この青はラテ男そっくりだ。
生後3か月目前。
だいぶベタらしくなってきた。
Comments

大きくなってるね

スゴイね~もう立派なブリーダーだね!!毎回読むと新しい生き物の知識が仕入れられるからホント楽しみ♪ 

節分の豆まきしたいね~って思ってたんだけど、三女が昨夜吐いちゃって、また風邪がループしそうな予感。。。今年は暑くなったり寒くなったり激しすぎて体調管理難しいねえ~。

ひろこさん

まとめて書くとどうしてもサラリとなってしまうけど、最初の1ヶ月はかなり稚魚中心の生活になって、人間の生活がテキトーになってました。
水槽の中は毎日掃除機かけるのに、家の中は何日掃除してないの?っていう 笑
新生児を抱えた新米母に逆戻りした心境だったよ。1週間、10日、1ヶ月、と指折り数えて。正直長かったー。
ひろこさんから譲ってもらった大きいタンク、もう少し暖かくなったらセットアップして、ベタ達を広々とした所で混泳させてあげたいです。

三女ちゃん、早く元気になるといいね。1人が病気になると大抵家族皆がもらっちゃうから辛いよね。

No title

稚魚が生まれたら、餌をあげるだけでいいのかと思ったら大違い。
人の手で育てるにはこんなにも大変なんだね。

みどりちゃんの献身さには頭が下がります。

手塩にかけて育てた子たちはかわいさ倍増だね。

ashさん

そう、稚魚は色々手がかかります。
魚や両生類など、一度に大量の卵を産む動物は、基本的に生存率が低いという事なんだよね。
我が家の稚魚達もかなり少なくなっただけに、生き残りはかわいいです。
Post a comment
Only the blog author may view the comment.