日本里帰り 覚書 3 <屋久島>

日本に到着翌日、ホテルをチェックアウトして再び成田空港へ。
昼過ぎに実弟(ヒロ)、そして実妹(妹・チーちゃん、妹伴侶・ガッくん)夫婦と合流して、
総勢9人で、鹿児島へ飛ぶのである。
成田→鹿児島間はジェットスターを利用したので、驚くほど安く移動できた。
チェックイン時に
「桜島の噴火活動によっては、到着を急遽福岡空港に変更する場合がありますので、
ご了承願います」とサラリと言われ、一同動揺。
鹿児島で1泊して、翌朝早くフェリーで屋久島へ移動、と
予定がミッチリ詰まっているというのに、福岡なんぞに降ろされた日には、
どこまで予定が狂ってしまうか、想像もつかない。

そういう意味ではスリルのある空の旅だったが、
果たして、小さなの飛行機は無事、快晴の鹿児島空港に到着。
一行はレンタカー2台に分かれ、鹿児島市内へ移動。
夕食は『熊襲亭』で鹿児島の郷土料理を楽しんだ。
あまり箸の進まない義妹が食べられそうなものを、
あれこれとメニューから選んでみた。
後日談によると、実はここで私達が刺身や鶏のたたきなどを食べているのを見て、
義妹は必死に吐き気を堪えていたらしいのだが、この時は知る由もない。
sakurajima.jpg
ホテルの部屋から眺める桜島

翌朝。
yakushima he
フェリーで屋久島へ向かう
in the ship
船内ではウノで大興奮!

屋久島旅行は、ガッくんとチーちゃんが計画・予約していてくれたので、
全てがスムーズに進み、盛りだくさんの2泊3日であった。
beach.jpg
春田浜海水浴場で一泳ぎ。
カラフルな魚が沢山泳いでいて、子ども達は大はしゃぎ。

1日目の宿泊先『ロッジ八重岳山荘』は特に素晴らしかった。
緑深い素晴らしい景観で、宿泊したロッジはとても広く、
宿のお兄さんも、自然体で優しいヨカニセ(鹿児島弁でイケメンの意味)であった。
BBQ.jpg
ロッジのBBQも豪華で大満足!

2日目は今回の屋久島旅行メイン・イベント 『白谷雲水峡』へ。
shiratani.jpg
早朝の車窓から(ボケボケですいません)
monkeys.jpg
警戒心のないおサル達
bento.jpg
駐車場で腹ごしらえ「お弁当」
10626567_10203347651589200_6370912905443769761_n.jpg
元気よく出発!
tsuribashi.jpg
吊り橋
shiratani2.jpg
「もののけ姫」の世界はこの森から創造されたとか
shiratani3.jpg
神秘的な自然に囲まれて
taikoiwa.jpg
ついに太鼓岩に到着!
taikoiwa2.jpg
絶景に大満足(でも高すぎて足がすくむ・・・)
子ども達は最初から最後まで元気いっぱい、常に先頭を歩いていた。
私は後半、足がガクガクで疲労困憊。
イランチームは頭から水を被ったくらいの汗だくに。
でも充実のハイキング!
リーダーシップをとってくれたガッくん、ありがとう!!

よく日はフェリーに乗るまでの午前中、海水浴を楽しんだ。
beach2.jpg
一湊海水浴場
今まで泳いだ海の中で、一番透明だったかもしれない。
beach3.jpg
こんな海なら毎日泳いでも飽きないなぁ、と名残惜しく思いつつ、
フェリーの時間に合わせて港へ移動。

遠い道のりだったけど、来ることができてよかった!
チーちゃん、ガッくんに感謝感謝の旅であった。
Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.