日本里帰り 覚書 5 <福岡>

8月1日、一日かけて鹿児島から福岡へ移動。
総勢7名なのでステーションワゴンをレンタルし、車でのんびり北上する予定であった。
しかし前日に台風が九州地方に大接近。
かなり心配していたが、出発の朝は意外にも雨脚が弱まって、
鹿児島から離れるにつれ、天気が回復してきた。

レンタカーお店で国際免許証を提示したら、
「これだけでは運転して頂けません」と言われてしまったので、
弟のヒロが一人で福岡までの長い道のりを運転することになった。

アメリカのハイウェイは無料、またはごく少額の小銭を支払う程度で利用できる。
高速道路に入った所で、
「日本は高速道路の料金もけっこうするんだよ」と
日本豆知識を披露した私がバカだった。
「じゃあ、下道を使って行けばいいじゃないか!」
「どうせ急ぐ旅じゃないだろ?」
と、旦那と義弟が後部座席からヤンヤ言い始め、
優しいヒロはニコニコしながら高速を下りた。
ちょうど鹿児島と宮崎の県境に近い辺りであった。

そこから登り下りの、行きつ戻りつしながらの山道が続いた。
時々、はるか上を真っ直ぐに山を貫いて続く、高速道路が見える。
緑濃い景色は良いのだが、地図を見ても一向に距離を稼げない。
夕方までに到着すればよいものの、
一人で運転しなければならないヒロも可哀想だし、
高速を使えば、道の駅や観光に1、2か所寄り道できるのではないか?
私は胸中、フラストレーションが渦巻いていた。

そんな時、事件は起こった。
途中のコンビニでトイレ休憩し、果てしなく続く「下道運転」に備えて
ヒロが目覚まし用にスルメを買った。
車内に入り、袋を開けた途端。
「なんだ!この臭いは!!」
「うわぁーーー!」
イランチーム、慌てて窓を開けている。
え?という表情のヒロ、私、そして子ども達。
「ドブの臭いがするー!」
「なんでそんな物を食うんだ!信じられない!!」
まるで私達が嫌がらせをしたかの様に、旦那は怒っていた。
義妹は何も言わなかったが、窓を全開にして顔をほぼ外に出している。
スルメの袋を固く封印したのは言うまでもない。

スルメ事件の後、車内は気まずい雰囲気に。
車は熊本に入り、やがて市内の賑やかな辺りで渋滞気味になった。
時刻はとっくに午後になっている。
ナビの示す到着時刻はどんどん遅れていく。
私は「もう高速に乗ろう」とヒロに言った。
高速入口寸前、道の脇の売店でスイカが500円や800円で売っていた。
「安い!安い!」
旦那が騒いだが、高速にすっと乗ってしまった。
この後、3日間に渡り、
「やっぱりあの時、スイカを買っておくべきだった・・・」という
旦那の恨みがましいボヤキを聞くことになる。

そうこうして、どうにかたどり着いた福岡。
ヒロは一人で、ほとんど休憩もなしに、8時間運転してくれた。
弟よ、ありがとう!!

福岡ではゲストハウス中今に3日間お世話になった。
ゲストハウスに宿泊するのは初めてだったが、思った以上に居心地が良かった。
ここでフロリダの空手仲間、日本人のA子さんと娘さん2人と落ち合った。
そして夜8時過ぎにはイランチームを宿に残し、
A子さん家族と一緒に福岡空港へ。
フロリダからやって来た先生をお出迎え。
宿に戻ると義弟夫婦が特製のイラン風オムレツを作っておいてくれた。
omlet.jpg
沢山買い込んだ食パンと一緒に食べたらとても美味しかった。
このキッチン付き、畳にちゃぶ台がある共有スペースが、
3日間憩いの場として大活躍だった。

翌日は福岡観光。
kushida shrine
櫛田神社詣で
hakata ramen
キャナルシティをブラブラして、お昼はラーメン、
夜はもつ鍋を食べに出かけた。

この日もイランチームにとって、食事はハズレであった。
「ヌードルはいらない」と言い、私達が食べている間、
3人でどこかへ行ってしまった。
(あとで訊いたら、スイーツを食べていたらしい。)
夕食のもつ鍋も義妹は一口食べてNGだった様子。
結局宿に戻ってから、ヨーグルトとパンを一人静かに食べていた。
旦那と義弟はモツをけっこう食べてはいたが、
うまい、とは言ってくれなかった。

日本人は観光と同じくらい、その場所の名物グルメを食べようと意気込むが、
イランチームには、その感覚が理解できないらしい。
「また食べるのか?さっき食べたじゃないか!」
「ヌードル?そんなのどこにでもあるだろう?」
などと言われると、こちらもテンションが下がってしまう。
憎まれ口をたたく旦那などはまだいいが、
無言で食べずに座っている義妹を前に食べるていると、
何だがこちらが悪いことをしている様で、さらにきつい。
これはもう、お互い「仕方がない」と割り切るしかないと思うが、
とにかく、食の探求心が旺盛で、ほぼ何でも食べられる(食べてみる事ができる)日本人は
幸せだなぁ、と思うのだった。
Comments

No title

妹さんと弟さんがやさしすぎて、まぶしいです。
うらやましいなあ!
この時点ではまだキレていないようですが、
イラン人チームはアウェイでもよく攻めてきますね(笑)。
グミシャンにいらしたときのことを思い出すと、
三人のキャラは日本でもそのままですねー。
スルメの件、思いがけず爆笑でしたが、
イラン人にとっては冗談じゃないって感じなんでしょうか。
ハリルはサケの干物みたいのを喜んで齧っていましたけどね。
しかも SAKE とともに(笑)。
スルメの袋を閉じたヒロさんも、たまったもんじゃないですね。
翠さん、まだまだ本心は書き切っていませんね(爆)。
残りのレポートも楽しみに待ってます。

No title

いろんな活動が盛りだくさんで楽しそうです。屋久島、いいなぁ〜 一度行ってみたいあこがれの場所です。海のなんてきれいなこと! 息子さんが習っている空手も本場日本で体験できてよかったですね。
イラン人は一般的に食べ物に保守的なんでしょうか。知らない物でも食べてみようという冒険心はあまりないんですね。というか、おいしいと感じられないなら仕方ないのでしょうが・・・ 臭い食べ物って世界中に結構ありますよね。チーズ、魚、発酵食品など、慣れない人には「なんだーこの匂いは!」って感じなんでしょう。仕方ないかもしれないけど、行った先の土地の習慣などはひとまず嫌な顔をしない、とかは思わないんでしょうかね〜 3人もいると言いたい放題になるかなー(笑) 弟さんもお疲れさまでした。

Sabakujinさん

家族を始め、日本人の穏やかさ、大らかさと、
イラン人の激しさ、攻めの姿勢の狭間で、精神的に追い詰められていく様子、伝わるでしょうか・・・笑

カスピ海のすぐそばに住むグミシャンの人達は、魚介類にあまり抵抗がないと思いますが、旦那家族は魚を全く食べずに育ったので、魚介類一般全然ダメです。義妹は特に敏感で、ダシからも魚の臭いがする、と言っていたので、和食全般がウケませんでした。豆腐もかなり怪しんでいたし。

本心は書き切っていない・・・そうかもしれません。
でもこの時点では、まだまだ我慢できていたんですよ、本当に。 笑

ボーダさん

屋久島の海は本当に綺麗でした!透明度が高くて、ずっとずっとこの綺麗な海を守ってほしいものだなぁ、と思いました。

イラン人は一般的に、とても食に保守的だと思います。
首都のテヘランでも外国のレストランと言えばファーストフード店(ハンバーガーやフライドチキン)、ピザ屋、それに前回行った時は、車からメキシカンぽいお店(タコスの写真を掲げていた)を見かけたくらいです。どこにでも移住するイメージのある中国人経営の中華料理店も、日本料理店も、見たことがありません。もしかしたらあるのかもしれませんが、旦那の親類・家族は誰も分からない、という事実から想像するに、平均的なイラン人はその存在を知らない=食べない という事でしょう。

日本人の感覚で「出されたものは食べる」と言うのは礼儀ですよね。もっともイスラム教徒が食べられるものは、とても限られていますから(ハラルな物)、義妹にしてみれば「自分は日本では食べ物に関して、ものすごく妥協している」という感覚だったのかもしれません。

No title

弟くん、優しすぎー(o´∀`o)
みどりちゃんちに遊びに行ったときに作ってくれた料理の味を思い出しました(*^O^*)

スルメでまさかのカルチャーギャップ(笑)
何が爆弾かわからないね。

私には全てか美味しそうに見えるけど・・・豆腐もダメとは・・・。

No title

弟さんお疲れ様。愚痴らないとは人間出来てる。
日本の道路を8時間はキツイよね。

それにしてもスルメ生臭いけど、イラン人にはよほど耐え難い香りだったのね。
きっとホタテの貝柱の干物とかもダメなんだろうなぁ。


Post a comment
Only the blog author may view the comment.