手作りクッキー

日本のお正月にお節料理を作るように、
アメリカのクリスマスには手作りクッキーを焼いて
ホリデー気分が高まる。

今年はナンシーが一緒にクッキーを焼こう、と
12月23日に子ども達を誘ってくれた。
ところが次男が体調を崩してしまったので、
延びに延びて1月2日、ついにナンシーのお家へ。

ナンシーは、我が家の子ども達の誕生日に、
プロ顔負けのケーキを焼いてくれるクリス君のお母さん。
お菓子作りが得意なはずだ。
今回は2種類のクッキー種を用意しておいてくれた。
1つ目はピーナツバター・クッキー。
ピンポン玉くらいの大きさに丸めた種を並べ、
砂糖をつけたフォークで上から2、3回押しつぶす。
IMG_1056.jpg
それを焼くと、香ばしいピーナツバタークッキーの出来上がり!
IMG_1042.jpg
今まで食べた中で一番美味しいピーナツバター味のクッキーだった。

もう一つはシュガークッキー種をクッキー型で抜いて作る。
ナンシーのおばあさんが使っていたという、
年季の入ったアルミの型で、
サンタクロース、クリスマス・ツリーやベル、
それにターキーの型まであった。
IMG_1043.jpg
最初にトッピングを載せて焼いたり、
IMG_1045 - Copy
冷めてから子ども達が、思う存分フロスティングと
カラー・シュガーを使ってトッピング。
IMG_1051.jpg
好き放題に食べたり、飾ったり、
砂糖でハイになってゲラゲラ笑いが止まらなくなったり。
IMG_1048.jpg
IMG_1054.jpg
ターキーも、だいぶ個性的に・・・
IMG_1052.jpg

完成したらクッキー缶に、そっと入れる。
IMG_1058.jpg
今日作ったクッキーのほかにも、
ナンシーがクリスマスに焼いた、色々な種類のクッキーも
一緒に詰めてくれた。
IMG_1059.jpg
黄色はレモン・クッキー、キャンディー・ケーンの形のもの、
ソルト・クラッカーにタフィーを塗ったもの、
そして下にちょっぴり見える緑色は、
ライム・ピスタチオ味のツリー形クッキー。
IMG_1060.jpg
沢山詰まったクッキー缶を抱えた子ども達は、
ナンシーにありがとうのハグをして、
ゲラゲラ笑いが収まらないまま車に乗り込み、
大騒ぎしながら岐路に着いた。

早速家に帰って一通り味見してみたら、
どれもこれも美味しいったら!
特にライム・ピスタチオは、酸味とナッツの風味が絶妙!
これはぜひ、ナンシーにレシピを教えてほしい。

私も旦那も、アメリカで生まれ育ったわけではないから、
こうしてアメリカのホリデーの楽しみ方を教えてくれる人が側にいてくれて、
恵まれているね、息子たち。

Comments

楽しそう~

ホリデーのお菓子づくり、アメリカのいいところって感じがします。
アメリカのこと、ほとんど知らないんですけどね。
そういえばイランでもお祝いのときに、女の子たちが作っていました。
今度は前日にうちに招いて、遊んでみようかな。
それにしても、とっても悪そうなフロスティング!(笑)

砂漠人さん

すんごい劇薬!みたいな色ですが、クリスマスカラーとして、最近は受け入れられるようになってきました。
アメリカも結構クラフト好き、お菓子作り上手、色んな趣味の人がいて面白いです。材料にも恵まれているし。
イランのお祝いに子供達が作るお菓子もぜひ、見てみたいです〜。
Post a comment
Only the blog author may view the comment.