日曜主婦

新学期が始まって2週目、早速次男が体調を崩した。
木曜日、金曜日と学校を休ませ、
少々疲れが溜まっていた私も仕事をサボって自宅で療養。
今週は月曜日がLabor Dayという祭日なので、巷は3連休だが、次男はマンマと5連休。
土曜日は仕事をしたが本日、日曜日は家族全員マッタリと家で過ごした。

今年はペッパーの当たり年だ。
ハラペーニョはまだ寒いうち(確か2月ごろ?)にポットに植えられた苗を買ってきて、室内で暖かくなるまで育て、
外の気温が上がった頃に大きめの鉢に植え替えたのだが、これが育ちに育って食べきれないくらいのペッパーがなるのだ。
毎食、生のペッパーをかじって食べるが、辛いので2、3本が限界。
それでピクルスにしたらどうか、と思いついた。
ハラペーニョ

オレンジがハバネロ、緑がバナナペッパー(唯一辛くない)

ウェブ検索で簡単なレシピを参考に、初めてのピクルスに挑戦!

最初の2瓶だけガーリックを入れ、その他4本は水、酢、砂糖、塩、ローズマリーを入れた。

合計6瓶のピクルスが完成!


ペッパーを採ってくれたのもオスカーと長男だが、その後庭の草むしりもしてくれた。

そしてピンポン玉位の大きさしかない柑橘を、レモネード風にして飲みたい、と言って大量に採って来た。

そのリクエストにお応えしてせっせと絞り、砂糖を加えて氷を浮かべて、はい!どうぞ!
やはり酸味は強いけれど、とっても爽やか。
オスカーは絶賛であった。
子ども達は「酸っぱいー!」と顔をしかめつつ、なんとか飲んでいた。
これで我が家から風邪が出ていきますように!
Comments

Beautiful.

うわ~ ペッパーもレモンもとっても新鮮!
うちは最近、生のライム(ドライレモンにするやつ)を買うようになりました。
名産のアビリモ(ライム水?)が、じつはレモンとはなんの関係もない化学物質で
生産されているということが明らかにされたとかで。
こんな気が庭に1本あるといいですね。
ハバネロって、こんな魅力的な形をしているんですね。

No title

イランでもレモン汁は科学物質なんですか?!アメリカのスーパーに売っている激安レモン汁やライム汁は完全にそうだろうと思っていましたが、名産品がそれだとガッカリ度もかなりなものですね。
我が家の庭、柑橘系の木が30本くらいになりました。甘いオレンジやタンジェリンからレモン、スイートレモンの木も2本元気に育っています。
ハバネロ、小ぶりでクシャッとした体型が可愛いですよね。
今回ペッパーをピクルスにする際に、砂漠人ブログにレシピがないかと最初に探したのです。今度レシピを教えて下さい!今回のは砂糖を結構入れるレシピで、やっぱり甘かった... でも美味しいです!

No title

Sくん、完全復活できたかな?
イランの食品は、ネットで情報を読んでいるハリルに聞くと
ひどいことになっているようです…。
ま、この国で食品だけは健全っていうのもあり得ない話ですよね。
ペッパーのピクルスは、わたしも初めて漬けました。
といってもですね、きゅうりのピクルスを作ったときの液が
冷蔵庫にあったので、それを温めて注いだだけなんですよ(笑)。
砂糖が入ったレシピを試してみたものです:
http://www.tukeru.com/tukemono/recipe_50015.htm
砂糖抜きは、殺菌した材料を瓶に入れて、酢を注げはいいはずです。
イランのにんにくの酢漬けはそうやっているようです。
わたしは砂糖入りの酢漬けでも、辛くて1本食べるのがやっとです。
途中でいつも「ヒーッ!」と叫んでアホだと思われています。

No title

お庭でペッパー類や柑橘類が収穫できるなんて羨ましいです。見たところやはり南国という感じで鬱蒼としていますね。長男君はこの前お庭に何本も木を植えてましたよね。草取りや収穫もしてくれるなんて頼りになりますね。フロリダ娘さんも収穫物の料理や処理に精が出ますね。新鮮な酸っぱいジュース、おいしそう!

砂漠人さん

漬ける.com 笑
こんなサイトが御用達とはさすが砂漠人さん。
うちのも辛いですが、生でそのままペッパーをかじるよりは辛く感じません。やはり酢と砂糖で緩和されるんでしょうね。でもそのせいで沢山食べすぎて、この間は腹痛を起こしました(耐えれる程度でしたが)。ここまでくると、本物のアホです 笑

いつも大量に届く青果を、砂漠人さんが無駄なく保存したり、ケーキに入れたり、本当に頭が下がります。うちも傷み始めたトマトを箱買いされたり、庭のオレンジをバケツに大量にとってこられたりすると、それを処理するのは私の役目らしく(?)しばらく放置してあると、食べられなくなる場合も。ズボラな性格が悪いのですが。そんな時、我が家の救世主ももちろん!何でも食べてくれるニワトリたちですよー!

ボーダさん

本当に我が家の庭は鬱蒼としています・・・手入れが行き届いた美しい庭、とは真逆な感じです。そのうちに庭全景の写真でも、久しぶりにご紹介しましょうかねぇ?
それにしても、この自然に任せた放置が良いらしく?植物は何でもニョキニョキ巨大化し、ニワトリも自由気ままに追肥してくれています 笑
酸っぱいジュースはヒットでした。砂糖をあまり入れたくないので、代わりに蜂蜜で甘さを加えてみたりもしています。本来は観賞用の柑橘類らしいです。それでもけっこう果汁はあります。
そうそう、庭に木を植えてくれた長男、他にも色々作業を手伝ってくれます。頼もしいです。長男に呆れられない様に、せめて処理作業に精を出さなければ・・・
Post a comment
Only the blog author may view the comment.