スイートレモン

ドロドロの人間模様を描いたお目汚しのエントリーが続いてしまった。
下世話な吐露ブログになり下がって欲しくないので、今日はのんびり庭の風景でもご紹介したい。

そうそう、のんびりと...


庭で作業するオスカー

今年はスイートレモンが豊作すぎて枝がしな垂れ、果実が土に着いているほどだ。
土に着くと腐ってしまうのでバケツやプラ鉢を伏せて、それに載せている。

まだ着いてるよ、おじさん


スイートレモンは2012年に蜂蜜おじさんにもらった木を植え、
2013年にようやく1個実がついた。
去年は確かまずまずの数がなったけれど、なぜかパサパサして甘みもいまいちだった。
そして今年。
大きなスイートレモンが沢山実った。

誇らしげなオスカー

タンジェリンは去年より実の数こそ少な目だが、甘くてジューシー。
そこらへんで売っている物よりずっと美味しい。
通るたびにプチっともぎ取って食べているので、手が届く高さには実がなくなってきた。


種類の違う柑橘系の木が沢山植えてあるので、このタンジェリンがなくなってしまっても次が熟してくるのだからありがたい。


まだ青いタンジェリン


一番人気のチャイニーズ・ハニー・タンジェリン


長男がこの春植えたばかりの木も、数個づつ実をつけた。
大きくなるのが楽しみだ。

さて、スイートレモン。
普通のレモンと並べてみる。

左がスイートレモン、右が普通レモン

レモンが楕円なのに比べ、スイートレモンは丸っこい。

切ってみるとこんな感じ

きっと写真を見た途端、酸っぱいレモンの味が想像されてしまい、
口中に唾液が出てくる人もいるかもしれない。
だけどスイートレモンはとても甘くて香り高い。
いつか機会があったらぜひぜひ食べて頂きたい物の一つだ。

こうして日々、木の成長を楽しみ、実りの恩恵を食べて暮らしている。
なんて贅沢なことか!
年々オスカーの有り難味も増すというものだ。
Comments

あまいですよね!

すばらしい! そのお庭は楽園みたい。
フロリダは気候がとてもいいから、イランの植物はよく育ちそうですね。
ハリルが悔しがりそう~(笑)

No title

本当になんて贅沢なことでしょう!  実のなる木がたくさんある庭、私の夢です。いいなぁー 
これだけ採れたら、ジュースにしたり、お菓子にしたり、保存食を作ったり、いろいろできるなー なんて人様のお庭なのに勝手に想像して楽しんでいます。長男さんが植えた木が、大きくなるのが楽しみですねぇ。

移民家族のことは、ブログを読むだけの私は、この人間模様をメロドラマでも見るように楽しませてもらっています。人間模様ってのは、面白いものでいろいろ学ばさせてもらえます。あ、すみませんね。フロリダ娘さんにとっては、身近で起こっていることなので、こんなふうには思えるはずがありませんよね。
でも、人間って結局自分がしていることが自分に返ってくるのだと思います。Rは、周りに利用できるものがあればなんでも利用しようと、それだけで先に進んでいるようです。そんなやり方で先に進める距離は限られています。フロリダ娘さんやご主人が思っている通り、彼女は自滅寸前です。彼女がいろんなことに気づいて、態度を改めてくれればいいですが、これまでの話を聞いている限りではそれはあまり期待できないように思います。。。

砂漠人さん

今年は味も収穫高も自慢できます 笑
やはり雨の量や、気温の高い時期が多いことなど、フロリダは植物がニョキニョキ育つ条件が揃った土地なんですよね。
ハリルさんは厳しい条件で色々な植物、動物を育てているのだから大変なはずですよ。

ボーダさん

果樹を次々に植えているオスカーを横目で見て、そんなに植えなくても・・・と思っていた事は認めますし、反省します。ありがたいことです。
私はお菓子や保存食を作ると言った「技」がないのですが、我が家の消費はそれを上回っているので果物は皮さえむけばそのままの姿でおなかに入ります。

移民家族、メロドラマですよね。しかもかなり泥沼の。
やったことは自分に返ってくる、そう信じて私も傍観に努めます。
Post a comment
Only the blog author may view the comment.