フロリダで一番小さな水族館 2017 <後編>

フロリダで一番小さな水族館、近況報告の後編である。
(前編はこちら
長男、とうとう手を出してしまったのだった・・・

海水水槽!

淡水よりずっとメンテナンスが難しいと聞いていたし、
当然お金もかかるので、私はアレコレ理由をつけて、
延ばせるだけ先延ばしにしていた。
しかし、やはり来る時が来てしまったか、という感じだ。

発端はエイがほしくてたまらなくなった事だった。
しかし色々と調べてみると、先日ご紹介したアロワナ同様、
フロリダではほとんど全ての淡水エイが所有禁止となっている。
地元のアクアリウムショップのお兄さんにその話をすると、
長男の手を取らんばかりの勢いで言った。
「僕も飼えるものならアロワナと淡水エイが一番飼いたいよ」
(なんでこんな輩がゴロゴロいるんだ!?)

「海水は考えたことあるかい?
ない?
怖がることはないよ。
メンテナンスは淡水とそんなに変わらないんだから。」
そう言われた時の、長男の表情はまさに『目から鱗』。
海水エイなら選択肢が色々あるのだ。


時を同じくして、隣の家の庭に水槽が放っぽり投げられていた。
しばらく眺めていたが、一向に使われる様子もない。
オスカーを送り込んで、格安で手に入れることができた。
ところが、運んできてみるとガラスに大きな亀裂が入っている。
車のフロントガラスを入れる業者のおじさんに相談、
特注ガラスと張替えをお願いし、待つこと数週間。
ついにガラスが取り替えられたが、
シリコンが完全に乾くまでさらに10日間かかった。
そしてようやく長男の部屋に75ガロン水槽を設置。
salt tank2

「母は海水の事は全く分からないし、調べる気もないからね」と
宣言してあった。
水槽のろ過装置一式の設置から、
海水の調合、バクテリアの混ざった砂を選んだりと、
全ての作業を長男が調べ、自分でセットアップ。
salt tank1

内心「本当にだいじょうぶなのだろうか?」と疑っていた私は、
アクアリウムショップで水質検査してもらった時、
「問題ないよ」と言われている長男をみて心底驚いた。
長男よ、またまた軽々と、私を超えたな・・・。
salt tank3

水の濁りもとれたのでサイクルのために
海から捕まえてきた魚やエビを入れたり、
salt tank4salt tank5
小さな魚を2匹買って入れたり。
こうして水槽立ち上げから待つこと約1か月。
とうとうショップから連絡が入った。
「ご注文のエイが今日入りました!」
そうして我が家にやってきたのがこちら。
salt tank6
ブルースポット・スティングレイ
salt tank7
我が家にやって来たばかりの頃は、
恥ずかしそうに砂に潜ってばかりいたので、
出てきて泳ぎ回っている時には、人間側が気を使って
ドアの後ろから眼だけ出してのぞいたり、
抜き足差し足で近づいたりしていた。
が、今ではすっかり慣れて、
餌付けする長男の指の傍まで寄ってくるようになったらしい。
salt tank9
salt tank8
なかなか綺麗。
Comments

こんばんはー

みどりちゃんฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!した
自宅で海水でエイが飼育できちゃうなんて💧

しかも綺麗でかわいい♥
砂から目だけ出した写真が気に入ってしまうー

息子さん大きくなったねー、いくつになったのかしら?

また読ませてねー٩(ˊᗜˋ*)و

きよみでした

mikkeさん

自宅でエイが飼えるんですもんね、考えてみるとすごいことです。今日も一生懸命一人で水替えしてましたよ。
長男は私の背をついに追い越しました!もう12歳ですよー!アメリカは半年早くて今中学校1年生してます。
また読んでくださいー!
Post a comment
Only the blog author may view the comment.