孔雀のその後

我が家に孔雀がやってきたのは、かれこれ2年前になる。
以来、ニワトリ、七面鳥、そして犬のボボと仲良く一緒に暮らしてきた。
bobo and birds

変化が起こったのは、イランから戻ってすぐの事。
隣のおばさんが「ちょっと話したいことがある」とやってきた。
留守中に何か問題でも?とドキドキしていると、
「しばらく前からうちの納屋の上に孔雀が座ってんだよねー」と言うのだ。
大興奮したのはオスカー。
早速おばさんに案内してもらって、隣家の納屋の上に座るメスの孔雀を確認。

傾斜はそれほどないけど、卵が滑り落ちないとも限らない。
あんな場所に産んで、タカやフクロウに卵が襲われるんじゃないか?
と、オスカーはソワソワと気をもんでいた。
「イランに行っている間大丈夫だったんだから、大丈夫だよ」
という私の声も耳に入らぬ様子。
翌日には長男を従えて、隣家の裏へ行き、
卵が転がってしまわないようにと、滑り止めの木や土を
(勝手に)屋根の上に乗せる作業に入った。
ところが雨どいに足を掛けようとして踏み抜き、
梯子から真っ逆さまに転げ落ちた。
落ちる途中で、下で梯子を支えていた長男の顔を蹴り飛ばし、
頭から顔まで泥だらけになったオスカー。

余計な事をする人間をあざ笑うかのように、
ママ孔雀はその数日後に無事、卵を孵した。
3羽のヒナの誕生を確認したお節介な人間は、と言えば
性懲りもなくまた、ソワソワ。
「母鳥が自分ばかり食べてヒナに餌を運ばない」
「ヒナをどうやって下ろすんだ」
孵化後2日目に、巣を覗きに行くとヒナが2羽になっていた。
もう居ても立ってもいられず、ヒナを家の中に持ち帰るオスカー。

これにはさすがに私も怒った。
3週間も座り続けたママ孔雀からヒナを横取りするなんて!
非道にもほどがある!
しかしオスカーはガンとして譲らなかった。

今まで我が家では鶏卵を孵化装置で温めてヒナを育てたり、
七面鳥のヒナを育てたこともあった。
しかし七面鳥のヒナは母鳥が育てても、人が育てても、
鶏に比べて生存率がずっと低い。
これが七面鳥だからなのか、大きい鳥ほど育てにくいのかはわからない。
しかし私は、苦労して卵に座り続けた母親にどうしても同情してしまい、
生き延びるかどうかわからないのだから、母に委ねるべきだと思ってしまうのだ。

オスカーがヒナを入れたのは、なんとカナリアのケージだった。
peacock babies
ケージの下の方でピーピー鳴きながら歩き回るヒナ達。
上の方では突然の闖入者に慌てふためき、飛び回るカナリア達。
無理もない、カナリアよりも孔雀のヒナの方が図体はでかいのだから。
それでもヒナ達はすくすく育ち、しばらく経つと親鳥(?)を真似て
止まり木の上にピョン!ピョン!と飛び乗ったり、
夜は止まり木の上で上手にバランスを取って眠るようになった。
カナリア達がいよいよ迷惑そうになってきた頃、
ヒナ2羽は隣のケージに移された。
その時も親を探してしばらくは大騒ぎ。
やがてオスカーはヒナ達を外の鶏小屋に移し、
生後2か月後ほど経つ頃には庭に放し飼いにした。
peacock babies2

現在7か月ほどになるが、すっかり親鳥と同じ大きさになった。
同じ孔雀同士わかるのか、両親と4羽揃って庭を闊歩している。
four peacocks
オスかメスかは謎だったが、最近背中の羽が少し色づいて、
長めになってきたので、どうやら2羽ともオスらしい。
peacock babies3
温かくなって来た最近は、尾羽を立て広げる
孔雀らしい仕草もするようになった。

このヒナ達、今でもオスカーの手からゆで卵を食べるそうだ。
「忠誠心だなぁ」と自慢げなオスカー。

梯子から転げ落ち、母鳥からヒナを盗み、
それでも「母性愛」ではなく「忠誠心」を感じる、その心。
男冥利に尽きる、というのか・・・。

我が家の動物園は、まだまだ拡張し続ける様だ。
Comments

すてき~

爆笑!(ごめんなさいオスカーさん)
でも結果オーライでしたね。水族館といい、動物園といい、世話が大変とは思いますが、とてもロマンチックで夢のような暮らしですね~
果樹もあるし、お風呂もあるし、まさに楽園だわ。一度は伺いたい場所ですが、地球の裏側でしたね(笑)。

砂漠人さん

存分に笑ってやってください。
そうでもなければ動物に占領された我が家に住まう者として浮かばれませんから!
これをロマンチックと呼んでいいのでしょうか・・・
家畜の世話よりは重労働ではないと思いますが、毎週の水替え、ちゃんと掃除をした日には私と長男と二人がかりで何時間もかかり、
「お前たち!それだけの時間と労力を本当の仕事に費やしていたら、もうとっくの昔に億万長者だわい!
信じられん!信じられんよ!」とオスカーに嫌味を言われています。
鳥フェチの分際で!ほざけー! ですけどね。
地球の裏側、さらにまた復活しかけたイランーアメリカの国交の雲行きが怪しくなってきてしまいましたが・・・いつか遊びに来てください!

家の中も外も

家の中も外も
なんだか、いつの間にか、生き物たちで溢れていたのですね

留守番をしてくれるヒトがいてこそですね〜

いつかお邪魔させて下さいな

Shoさん

動物であふれかえり、乗っ取られつつある気もしますが・・・
家の中は長男が全部世話をしているので安心です。
鳥たちは自立していますし(餌を置いておきさえすればOK)
手がかからないほうですよね。

いつかきっと、遊びに来てください!
Post a comment
Only the blog author may view the comment.