サクセス!

「サクセス!(大成功!)」

日曜日の午後、オスカーが声高らかに家に飛び込んできた。
「何羽だと思う?!5羽!全部だ!」

この所、呪文の様に「父の日、父の日・・・」と繰り返していたオスカー。
世間で言う『父の日』とは全く関係なく、
母孔雀が卵を温め始めたのが、父の日あたりだったからである。

卵は全部で5つ。
母孔雀は車の屋根の上に座っているそうで、
ガンガン陽の当たる、とても良い場所とは言えない環境なのだが、
これなら夜、外敵に襲われる心配もないだろう、と
オスカーは自信たっぷりだった。
朝晩関係なく、ジッと辛抱強く座り続けた母孔雀だが、
2週間が過ぎた頃からオスカーのいつもの悪いクセが出始めた。

母孔雀は当てにならない。
卵5つが全滅するのは耐えられないから、
せめて3つを、無精卵に飽きることなく座り続けている雌鶏に抱かせよう。

と言うわけで3週目からは母孔雀が2つ、雌鶏が3つの卵を温めた。
「おかしいなー。そろそろ孵ってもいい頃なんだがなー。
父の日って何日だった?!」
毎日の様に私に、息子達に尋ねては首を傾げる、父鳥より落ち着きのないオスカー。

そしてとうとう、今日待ちに待った瞬間が訪れたわけだ。
「5羽全部孵った!大成功だ!!」
誇らしげに言ってから、ゆで卵を持って母孔雀の元へ駆け戻って行った。
私は内心嫌な予感を感じていたが、放っておいた。

しばらくして戻ってきたオスカーが、私が恐れていた事を口にした。
ヒナ5羽を全て雌鶏の所へ移して来た、と。
去年と全く同じ様に、母孔雀は3週間座り続けた末に
1羽のヒナも育てる事が出来なくなってしまった。
人でなし!
と、口に出かかったが、今回はオスカーにとっても
悩んだ挙句の苦肉の策だ、と言う表情が見受けられたので、
罵ることは控えておいた。
確かに母孔雀に任せたらヒナの生存率はかなり低くなると思う。
車の屋根の上からどうやって下に降ろすのかも怪しいし、
チョロチョロ動くヒナを狙う鷹がグルグル上空を旋回しているので、
いつ襲われてもおかしくない。
さらにオスカーが母孔雀にエサを与えても、
ヒナに分け与えてやろうと言う気配が全くないらしい。
去年はオスカーが手塩にかけて育てたが、
今回はニワトリという、もう少し面影が似た育ての母に託されただけ、
進歩があったと思うしかない。

早速、雌鶏とヒナのスイートルームとなったニワトリ小屋まで行って
写真と動画を撮ってきた。

育ての親の下から顔を覗かせるヒナ

親鶏を籠から出してみると...

産まれたその日に元気よく歩き回るヒナ達
peachicks 2017
1羽だけ、歩きがおぼつかない子がいるが大丈夫か?

ここから全員元気に育ってくれれば良いが、油断大敵である。
成長の様子をまた時々ブログでご報告したいと思う。

おまけ
peacock from window
雨の日に窓から見える風景

去年産まれた2羽の兄弟孔雀と父孔雀が雨宿り。
1年経ってもお父さんの様な立派な尾羽は全くない。
いつ頃に長い尾が生えてくるのかも楽しみの一つである。
Comments

Bale! Success!

えっ! 鶏、肥えてますね~(ってそこか)。
孔雀は、彼らはペットですか?
オスカーさんとのやりとり、なんか、うちも似ていて笑っちゃいます。押しの強いイラン男と控えめな(笑)日本人妻。いや、妻は控えめでもないんだけど、イラン男には引いちゃいます。
それにしても、すばらしい窓からの眺め。美しい~

砂漠人さん

日本人妻、そんなに控えめでもないですけどね、最近は... 笑
鶏が肥えている、と言われて、改めて砂漠の鶏を見に、砂漠人ブログに行って来ちゃいましたよ。確かに砂漠の鶏はスレンダー。うちは完全に放し飼いで、エサはパンやニワトリのエサを飼料屋さんから買って来てあげてます。残飯も時々投げてやると、数分後には綺麗さっぱり無くなってます。また庭の好きなところで虫や草やミミズなど、ある意味食べ放題なのかもしれませんね。
今年は6月に入ってからとにかく雨が多く(久美子さんの渇きを増幅させるつもりはまったくありませんよ)庭の木々も青々でしょ?来年くらいにはこの長い尾が3つ並ぶかな?
Post a comment
Only the blog author may view the comment.