モモ成長記録 3〜4ヶ月


子犬の頃のコロコロしたフォルムから、
スラリとしたシェパードらしい体型になって来たモモ。
相変わらず昼間はオフィスで大人しくしているのだが、
ここに来て事件が起きてしまった。

12月31日、日曜日。
午前中は子供達と一緒に庭でモモと遊び、
裏のデッキでシャンプーもしてあげた。
それから私と長男は水槽の水換えで大わらわ。
1時間以上が経過して、ふと外を見るとモモの姿が見当たらない。
何度か呼んで、裏のドアからまた呼びかけた。
すると走り寄って来たのだが、またすぐに
裏庭へ戻っていってしまった。
なんとなく嫌な予感がしたので外へ出て見ると、
モモはニワトリの死体の周りをピョンピョン跳ねたり、飛び掛ったりしていた。
辺りには白い鶏の羽根が飛び散っていた。
あぁ、やっちゃった。
そう思った。
オスカーは外出していたので私がどうにかするしかない。
No! と怒った声でモモを叱り、バケツにニワトリの死体を入れ、
モモが届かない車の屋根の上に置いておいた。

オスカーが帰ってくると早速悲報を伝えなければならなかった。
ムッと怒った顔をして外に出て行き、ニワトリのバケツを見つけたオスカーは
モモを呼んでニワトリの死体をロープで括り付け始めた。
これはニワトリを飼い始めた頃、何度も追いかけて殺してしまったボボに
お仕置きとしてオスカーがやった事だ。
その時は覿面に効果があり、それ以来ボボは全くニワトリを追いかけなくなり、
それどころか守る様な仕草さえする様になったのだ。
あの時は確か夏場だったし、一度土に埋めたニワトリをボボが掘り返したのだったと思う。
それを首に括り付けられたボボは嫌がり、一生懸命外そうとしていたそうだ。
しかし今回の場合はモモがニワトリを殺したばかりで、
まだ新鮮な死体は異臭を発していない。
逆におもちゃの様に遊んでしまい、オスカーの怒りに油を注いでしまった。
私と子供達は黙って首からニワトリをぶら下げるモモを無視する事に努めた。
お仕置きなのだから仕方がないのだ。
しかし私は内心
「モモは自分が何をして怒られているのか、わかっているのだろうか?」と疑問に思っていた。

それから数日後、年明けの1月3日。
この冬最低気温、しかも近年稀に見るほどの寒波がやって来て
「フロリダに雪が降る」と大騒ぎになった日だった。
公立学校はこの寒波のせいで休みになり、
私と子供達は自宅にいた。
午後になってモモを呼ぶと、庭の端の方でひょい、と顔を上げるのが見えた。
しかしまたすぐに態勢を低くして見えなくなった。
まるで何かに夢中になっている様に。
嫌な予感。
長男が近くへ行って確認すると、予感は的中。
またもやニワトリを殺していたのだ。

オスカーに言わないわけにはいかない。
オフィスに行って報告すると早速オスカーは自宅の庭にやって来た。
この時にも全然懲りていない証拠に、
モモがニワトリを追いかけ回して遊んでいた。
オスカーはすぐにモモをロープで玄関前のポーチに繋いだ。
やはり全然わかっていなかった。
今回もこうして繋がれている理由がわかっているのだろうか?
なぜこうもタイミング悪く、寒い日に限ってこんな悪さをするのだ。

モモもモモだが、オスカーもオスカーだ。
ニワトリがいるのだから犬を飼ったらこうなることぐらい分かっていたはず。
何を今更怒っているんだ。
遊び盛りの子犬が、動くターゲットを追いかけるのは当たり前。
私達に文句を言うのは御門違い。
言いたくはないけど
「じゃあなんで飼ったの?!」と言う言葉が口をついて出てしまう。
自分が蒔いた種、となぜ思わないんだろう。

前例が成功しているので、今回も自分がニワトリ狩りをやめさせられると思っているのだろう。
かわいそうだけれどモモも鶏を追いかけ回してはいけない、
ましてや死ぬまでいたぶりつけてはいけない、と言うことを
学ばなければならないのだ。
さぁ、どうなることやら。

おまけ:
モモが産まれたお宅のVさんに送ってもらった写真

お母さん(真っ白)
お父さん(黒に茶色でモモと同じ)
お兄さん(真っ黒で胸に白いスポット)
Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.