健康管理

アメリカの中古車業界にとっての書き入れ時は2月〜4月頃である。
確定申告が済んで、まとまったお金を手に入れた人々が中古車を物色に来るからだ。
俗にタックス・シーズンと呼ばれるこの期間、年々短くなっている気がする。
今年などは短いどころかタックス・シーズンらしきものが全くなかった。
好景気、失業者数が過去最低、などとニュースでは調子の良い事を報じているが、
下の下にいる私達ワーキングクラスには、潤いが全く感じられない。
逆に今年に入って物乞いによく会うようになったし、
道端で「ヘルプ」と書いたダンボールを掲げて立っている人をよく見かける。
以前はクリスマスなどのホリデー限定だった気がするのだが。
どこで統計を取って、誰がニュースを流しているのか...。

話が少し逸れてしまったが、今回書こうと思ったのは健康面についてである。
毎年タックス・シーズンが落ち着いて来た頃、家族皆順番に健診に行く。
昨年末に私とオスカーが掛かりつけにしていた女医さんが辞めてしまった。
同じクリニック系列の別の男性医師・H先生に掛かることになり、
3月に顔合わせ、5月末には健診へ行って来た。
私は今までの女医さんに面と向かって体重管理を注意された事はなかったが、
H先生は食事のカロリー計算や運動量を記録できるアプリを紹介してくれたり、
念のため血液検査もしよう、と勧めてくれたり、
とても親身になってくれる。
物腰が柔らかく、私達の話にキチンと耳を傾けてくれる感じも◎。
そこで今回、毎年春先に腰痛に悩まされている事を相談してみた。
この健診に行く2週間ほど前に、歩くのもやっとな程ひどくなり、
マッサージに行ったり、妊娠帯を着け続けたら徐々に回復していたが、
毎年なる、と言うのは原因があるはずと常々思っていた。
私が「あぁーーーー!」と奇声を発して痛みに耐えようとする度に
オスカーは「痩せろーーー!」と同じボリュームで返して来る。
確かにそうなのだが、体調不良を全て太っているせいにしていて
他の原因を見逃す日が来るのではないか?と思っていた。

健診で腰痛の話をすると、H先生はフィジカル・セラピーに紹介状を書いてくれると言う。
さらに膝蓋腱反射の検査で左足の反応がほぼなく、
「神経が圧迫されてるのかもな」とつぶやいていた。

それから一週間後。
私はフィジカル・セラピーに通い始めた。
最初のテストで骨盤の歪みを指摘された。
脚の長さにも微妙に違いが出ている。
様々なストレッチや筋力強化用の動きを指導してもらい、自宅でもやっている。
2回目は前半30分ストレッチと体操、
後半30分は別室でマッサージをしてもらった。
結構痛かったが、マッサージがついて来ると思うと俄然やる気が出る。
何せ自分でマッサージに行ったら1時間$70は掛かる。
フィジカル・セラピーは保険が効くので25%負担、毎回$20強で済む。
もちろん腰をサポートする筋力を付けられるかどうかは私の努力次第なので
週二回のセラピーと自宅トレーニングを真面目に頑張ろうと思う。

ちなみに血液検査の結果、私の数値は全て良好。
血糖もコレステロールも平常値。
逆にオスカーは以前から高かったコレステロール値が、
薬を飲んで下がったからと服用を勝手に辞めていたので、今回跳ね上がっていた。
さらに血糖値まで上がっていてボーダーラインと言われた。
いい歳なんだから、きちんと健康管理していただかないと。
だけどたぶん私がオスカーの歳になったら、もっともっとひどい健康状態になっていそうな気がする。
健康第一!
Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.