ペイント・バイ・ナンバー

夏休み中、子ども達が退屈しないように、と
ネットで見つけたプロジェクトを取り寄せておいたフロリダ娘。
それは『ペイント・バイ・ナンバー』と言うもの。
Paint by number1

下絵に数字やアルファベットが書き込まれていて、
塗り絵の要領で指定の色を塗っていく。
1〜18までの番号がついたアクリル絵の具と
細いペイント・ブラシが入っている。
アルファベットの部分は絵の具を2色以上混ぜて色を作る。
例えばAは1+3を混ぜ合わせたもの、など。

次男が早速「これ!」と意気込んだのは
オーダーした3枚の絵の中で一番大きなもの。
密かにフロリダ娘が楽しもうと目論んでいたのだが、
やる気があるならやらせよう!
一緒に塗ることにした。

ところが・・・

5分ほど経過すると
「つまんなーい!」
すでに飽きてしまった次男。
「なんでこんなに細かいんだよ。
え?これ上級レベルって箱に書いてある!
なんでこれにしたのー?」

(あんたが選んだんだろっ!)

長男は途中でちょろっと塗っていたが、
スッと辞めて去っていった。
それ以来見向きもしない。
どれどれ、どんな風に塗ったのかな?
と見れば、線から大きくはみ出す豪快なタッチ。

(うぉー!後で直さねば!)

という訳で、現在コツコツ塗っているのはフロリダ娘のみ。
毎晩夕食が終わって皆それぞれテレビを見たり、
ゲームをしている時間に、一人ペインティング。
次男の言うとおり、けっこうな細かさの絵なので
指先に神経を集中させてやっている。
これがクセになるのだ。

昼間のデスク・ワークで疲れていても、
やっぱり寝る前に少しでいいから塗りたくなる。
少しづつ、色が付いていく絵を眺めては達成感に浸る。
「こんな事、老後にやったらいいのにね・・・」と
思いつつも、それを今できる贅沢気分にニンマリ。
自分の時間が持てるようになって嬉しいのかも知れない。

子ども達が成長して、それぞれ好きなことをするようになり、
あまりじゃれて来ないし、てもかからなくなった。
寂しい反面、こうして趣味をチマチマできる事は
育児を経てみると格別に特別なのである。

先日も書いたとおり、実は忙しい昨今。
それでもペイントしたくなる。
早く荷造り始めろ、自分!
Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.