2018年日本帰省7 〜S姫の来訪〜

我が故郷への二人目の来訪者はS姫。
彼女とはフロリダの地で出会い、
空手への愛、魚への愛、色々な愛と笑いを分かち合い、
今でも連絡を取り続けている友。
4年前の帰省の時にも新潟に来てくれたので、
今回は2度めの来訪。

空港で再会を喜び合い、
その足で向かったのは水族館『マリンピア日本海』。
ずっと昔に行ったはずだけど全然記憶になく、
思った以上に楽しめた。

この日の夜は長男のバスケ練習があったので、
KちゃんとS姫にも付き合ってもらい、
帰りに皆でラーメンを食べた。
(けっきょくラーメン屋さんに行けたのは
この一度きりだった・・・。)

翌日は土曜日で、一泊二日の温泉旅行へ。
ラジウム効果のある村杉温泉長生館
父と母が離れを一棟貸し切りにしておいてくれたので、
父、母、妹夫婦と息子、弟夫婦と娘、Kちゃん、S姫、
そしてフロリダ組3名の、総勢13名でも楽々泊まることができた。

露天風呂もついた温泉はぬるめで入りやすく、
身も心もほぐされる。
やっぱり温泉はいいなぁ〜。
食事も美味しく、次から次へと料理が出てきて
お腹いっぱいに。

この時初めて妹の息子と、弟の娘に会うことができた。
フロリダ娘と銘打ってブログを書いているが、
この甥っ子・姪っ子が生まれて以来、
まるで孫が生まれたかのような気分になってしまい、
「アメリカばばが来たよ〜〜〜!」と
大興奮してしまった。
甥っ子・姪っ子とも最初はアメリカばばに拒否反応。
なぜだ!
圧がすごいのか?
そうなのか?

圧がすごいといえば我が父だ。
アジア人には珍しいほどの豊かな髭をたくわえた父は
まるでヒゲダルマ。
そのヒゲダルマを大の苦手にしているのが姪っ子だ。
温泉に到着して障子が開いたら、
普段見ない顔がワヤワヤいて、
その中央に鎮座するはヒゲダルマ。
泣いた、泣いた。
大泣きに泣いた。
全身をよじって逃げようとした。
ヒゲダルマはそそくさと温泉へ入りに行ってしまった。

まさか・・・
アメリカで鍛えられた欧米体型XLサイズのアメリカばばは、
ヒゲダルマのフォルムに限りなく近いというのか?!
そうか?
そうなのか?

姪っ子の『ヒゲダルマ恐怖症』克服が先か、
ヒゲダルマ断髭式が先か、
はたまたアメリカばば激ヤセが先か。
再会に期待しようではないか。


弟のお嫁さんとも面と向かって会うのは初めて。
(何度かスカイプではお話しているのだけれど。)
優しそうな、とっても可愛らしい人だ。
ヒゲダルマから逃げ惑う娘を必死になだめて、
「どうしましょう。
お義父さんに申し訳なくって・・・」
と涙ぐんでくれるほど、家族思いの暖かい人だ。
よかったなー、弟。

妹の旦那さんとは4年前に一緒に旅行をし、
二人のハネムーン乱入ついでに、
イラン人の旦那+旦那の弟+旦那の弟の嫁までを引率させ、
わがまま放題の義姉ぶりをアピールしておいたので
全然大丈夫なのだ(←なにが?)。
いつも笑顔で機嫌を損ねることなど皆無だもんね。


KちゃんとS姫とは布団を寄せ合って
皆が寝静まってからもお喋りしたり、
なんだか修学旅行みたいでドキドキした。

朝風呂まで浴びて、朝食もたんまり食べ、
日本の温泉旅行大満喫!

新潟の田んぼしかない田舎だけれど、
これでS姫も少しは来た甲斐あったかしら?
Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.