日曜日の買い出し

相変わらず週6勤務。
毎日オフィスに座っているだけなのに(だから?)、
知らず知らずのうちに疲れが溜まっているらしい。

土曜日の夕方、仕事を終えて帰宅。
ソファーにひっくり返って
「ハァ〜!一週間終わった!」と思った瞬間、
完全に意識喪失。
18時半から翌日の12時半まで堂々18時間、こんこんと眠り続けた。

「起きてよ~!」
「もう昼過ぎだよー!」
という子ども達の声で、ようやく目を覚まし、
簡単な朝食を食べた頃には体力回復。

そこで家族総出で買い物に出かけることにした。
2週間前にも4人で買い物に行き、
その時大きなメロンが特売になっていたので、
「またあのスーパーに行こう!」と
いつになく張り切るオスカー。
荷台大きめのSUVに乗り込んで出発!

1軒目はRural Kingだ。
ここでまず鳥の餌や犬の餌など、動物たちの餌を購入。
24本入りのペットボトル水が$1.99と激安なので18ケース購入。
さらに来る週に長男、次男のバレーボールの試合があり、
飲み物とスナックを持っていく番なので
ゲータレード8本入りを7ケース購入。
カートに3台分を車の荷台に積み込むと、
この時点ですでにいっぱいに。

2軒目はLucky's Market
前回激安だった大きなメロンを期待していたが、
小さいメロンしかなく、値段も$3.50と普通で、
露骨にがっかりするオスカー。
パイナップル2個で$4。
ココナッツウォーター4本で$5などを購入。

この間に私と長男だけ、隣の中国系マーケットで
餃子の皮や乾燥タピオカ・パールなどを購入。

3軒目はALDI
このスーパーではスナックやお肉、野菜といった
普段使いの食料品を買うのが目的だ。
と、ここでマスカット1ポンド99セントのセールを発見。
オスカーに伝えると目の色変えて近づいていき、
ごっそり1箱をカートに乗せた。
食べ切れるのか?という量だけれど、
オスカーは満足げで心配の素振りもない。
帰宅後レシートを見てみると、
合計$17強、約7.7kgのブドウを購入していた。
IMG_0049.jpg
IMG_0050.jpg

肝心の味だが、まだ若いので皮がパリッとしていて、
しかも甘くてジューシーだった。
これはしばらく日持ちしそうだし、超お買い得!
と思った私だが、その横でブドウを口に入れ続け、
早速2袋をカラにしてしまった男が一人…。

アメリカの物価は日本とそれほど変わらない気がするが、
果物の値段は断然安い。

「アメリカは天国ではないけど、
どこよりも住みやすいのは確かだ。」と断言するオスカー。

「果物の食いっぷりだけでも、
日本に住めないのは確かだ。」と落胆するフロリダ娘。
Comments

分かるなあ~

オスカーさんの感覚、分かるような気がします。ブドウを「一房」買うとか、イランではギャグかと思われますもんね。

わたしたち日本に移住することにしたんですよ。ハリルがやっていけるのか、不安は大きくありますが、とりあえずCOSTCOに通えばなんとかなるでしょう(笑)。

おつかれのようなので、お大事になさってくださいね。

砂漠人さん

えぇ!日本に移住?!本当ですか?!
羨ましい反面、それほど砂漠生活(イラン生活)が回らなくなっているのか... と、ドキリとしました。
砂漠人ブログに走ります。

No title

この記事を読んで、砂漠人さんのところとまさに同じ! イラン人男性の買い物パターンがあらわに出ていておもしろいです。これだけ買ってなくなるんですからすごいです。私の買い物は一人分ですけど、これの10分の1でも食べきれないように思います。バナナ1本とかりんごや桃1個とか買って、イランではまったくギャグになるであろう自分です。しかもそのバナナやりんごを一度に半分食べて、翌日に残りの半分を食べると言ったぐあいです。考え直さないといけないなー(笑)

ボーダさん

たぶんイランの買い物の仕方なんですよね。果物、お肉、ケーキまで「何キロ?」と訊かれて買うという... 新鮮な買い物でした。
アメリカでも4人家族なのに果物は箱買いです。でもビジネスをしているのでオフィスに来るお客さんやお友達にホイホイあげてます 笑
一度に食べる量も多分多いと思いますが、そうやって消費できちゃいますね。私1人でもりんごは丸々一個食べます 笑
Post a comment
Only the blog author may view the comment.