なわとび

長男が通っている空手教室で、なわとびを買った。
防具や道場の名前入りグッズの隣に並んでいたなわとびロープ。
何がそんなに特別なのかわからないが12ドルもした。

早速なわとびを始める長男。
すると先生もなわとびを始めた。
イーライ先生(二十歳の若先生)のお手並みは大したもので、
ひゅんひゅんと音も威勢がよければ、
その独特なステップも軽快さがある。
ジェイソン先生もアミールに手ほどきしながら、
だんだん自分の技術をアピールし始め、
交差とびを自慢げにご披露してくれた。

いつも思うのだが、アメリカの男性は子供の様に
「見て見て!」と全身でアピールしてくる。
空手の先生でさえ、そんな風だから、
なんとなく可愛げがあって、ついニヤニヤしてしまう。
確かに速くてカッコよくみえるが・・・言っても、なわとびである。


そういえば、小学生の頃には毎年「なわとび大会」なるものがあった。
全員が同時になわとびを始めて、ひっかかった人から座っていく。
百回を過ぎてもビュンビュン二重とびができる同級生もいた。

「あやとび」「交差とび」「二重とび」などなど、
ずっと忘れていた、懐かしい言葉が次々浮かんでくる。
日本の小学生はある程度、なわとびができるのではないだろうか?
色々な飛び方も一通り知っていて、上手な子どもは沢山とべる。

若先生は体力づくりに、我流でなわとびをやってきたからだろうが、
後ろとびもできない、と言う。
えー?!(と内心思うが、ただニコニコ)


さて。
自宅に帰ってから、長男は張り切ってなわとびの練習を始めた。
まだ手首を使った回し方がわからず、腕全体で回している。
張り切りすぎて足もバタバタ、走っているようなカッコウになっている。

どれどれ、母がお手本を見せてあげよう。
と普通の前とびをしたら、長男の驚くこと、驚くこと。
なんだ、母はなわとびもできないと思っていたのか!?
あまり驚いた歓声を上げるので、別の部屋で遊んでいた次男まで
母のなわとびを見に走ってきた。

20年ぶり(!)になわとび。
調子に乗って二重とび!!
フフン、母も捨てたモンじゃないだろう。


長男は8月の空手トーナメントに出場したいと言っている。
よし、なわとびで体力づくりだ。
Comments

No title

まじか~!
ちいなんてちょーできるー!
後ろ二重とかできるー!!

こんど空手道場で披露してみれ。
万能親子に思われるが。

まぁアミールもいつものようにすぐできるようになるろ~。

後ろ二重?!

そんなの出来たらスーパーヒーローだぞ!
すごいぞー!
もてはやされまくるぞー!

日本人は「ある程度できる」ことが広いなぁ、ってよく思うよ。
教育制度の中で、広く浅く教えてくれてるってことかなぁ。
学校の授業に水泳があるから皆、ある程度泳げるのも考えるとありがたいことなんだよ。
フロリダの子どもの死因ナンバー1は溺死だけど、学校で水泳を教えないからね。

おかぁが「毎日やったら痩せる!痩せる!」って。
それしか、言われないよ・・・。

No title

日本ではできないほうでもアメリカだと「ある程度できる」のおかげでできるほうになってしまうからほんとヒーロー気分だね。

おかぁには通用しないけど 笑

ヒーロー気分で毎日とべ~!

日本人の得意分野

姪と甥がちょうど縄跳び練習をしている時期です

私はあまり縄跳び上手じゃなかったし好きでもなかったんだけど
思い掛けない所で役立つ(自慢できる)こともあるんですね

フト思ったんだけど
(私は得意じゃなかったけれど)
鉄棒も日本人がアピールできる分野じゃないでしょうか?

鉄棒かぁ

あれもよく体育の授業で練習させられましたねー。
逆上がりなんて絶対にできないし、出来ても意味なんかないじゃん!って負け惜しみを言ってたけど、出来ていればアメリカで自慢できたのだなぁ。
余談ですが、跳び箱はアメリカにはないそうですよ。

No title

なわとびがよくできるのは新潟育ちだからだよ。
私は6年生の3学期に横浜の小学校から新潟の小学校に転校した時、朝から「なわとびカード」片手にみんながピュンピュン飛んでるのをみて、カルチャーショックを受けたことをいまだに覚えてる。
横浜の小学校ではほとんどなわとびをしなくて私は下手っぴだったけど、新潟の子達の上手なこと!
「あなたたちは中国雑技団か!?」
と叫びたいくらいだったよ。

fumi

あれぇ、そうなのか。
都会ではあまりなわとびをさせないのかな?
それか雪が降って外で活動できない地域は屋内でできるなわとびに力を入れるとか?

そりゃカルチャーショックだわ。
まぁ、中国雑技段はなわとび程度じゃ フフン って鼻で笑うだろうけど。

No title

Simply want to say your article is as astounding. The clarity in your
post is just excellent and i can assume you are an expert on this subject.
Fine with your permission let me to grab your feed to
keep up to date with forthcoming post. Thanks a million and
please continue the rewarding work.
Post a comment
Only the blog author may view the comment.